モンスターエナジーの飲み過ぎで死亡した事例は日本にもあるの?

この記事は3分で読めます

まだそれほど過去のことではなく、
記憶にも新しいニュースなので、
覚えている人も多いでしょう。

九州地方に住んでいる20代の男性が、
エナジードリンクを日常的飲み続け、
カフェイン中毒と思われる症状で
死亡してしまったことがニュースになりました。

それ以降も、エナジードリンクとの
因果関係ははっきりしません。

しかし、

カフェインのサプリメントなどと
エナジードリンクを飲んでいた大学生が
死亡してしまったニュースもあります。

カフェインを多く含むエナジードリンクは、
飲み過ぎは注意しないといけません。

モンスターエナジーやレッドブルなど、
若い世代に人気のエナジードリンクを
飲み過ぎるとどうなるのかまとめました。

Sponsored Link

モンスターエナジーを飲み過ぎると

カフェイン中毒で死亡する事例は、
日本国内ではまだ少ないので、
どの程度のカフェインを摂取した結果、
血液中のカフェイン濃度が高くなって
中毒症状を起こしたのはまだ判明しません。

短時間に大量のカフェインを摂った結果なのか、
モンスターエナジーやレッドブルなどの
エナジードリンクを毎日常飲していて、

カフェイン依存によって摂取量が
どんどん多くなり、結果的にカフェイン
中毒になったのかハッキリしません。

短時間に大量のカフェインを摂取した
場合は、急性カフェイン中毒症状
起こす恐れがあります。

1日1本くらいなら、
問題はないはずなのですが、
どのくらいで危険な症状が出るのか、
飲みす過ぎによる危険を
調べる方法はありません。

人によってカフェインの排出スピードも違うので、
危険な量は個人差があります。

カラダを張って、
モンスターエナジーを大量に飲んで
危険を調べている人たちもいますけど・・。

マネしない方が良いですね。

【モンスターエナジー一気飲み

 

モンスターエナジーが原因で死亡?

アメリカで、14歳の少女が、
モンスターエナジーのカフェインが原因
だと思われる中毒症状で死亡したとして、
裁判沙汰になったことがあります。

モンスターエナジーは、
アメリカ国内では、ナンバーワンの人気があり、
シェアもトップを占めてします。

訴訟はアメリカでは珍しくないことですが、
気軽に誰でも買えるエナジードリンクなので、
危険性を知らない子供は怖いですね。

Sponsored Link



モンスターエナジーは日本でも
発売されています
が、種類はアメリカで
販売されているものよりも少ないです。

アメリカのは日本の商品よりも
大きいものも多いみたいです。

死亡した少女の事例では、24時間以内に
700mlのモンスターエナジーを

2本飲んだことがわかっているようです。

少女の飲んだモンスターエナジーの
カフェイン量は、480㎎に相当します。

成人男性でも、400㎎以上を3時間以内に
摂取するのは
急性カフェイン中毒の
危険度が高くなる量
です。

24時間とはいえ、少女の
体には多すぎたと考えられます。

日本国内では、モンスターエナジー
ではないですが、カフェイン中毒とハッキリ
断定された死亡例は少なからずあります。

5年間に100人ほどが救急搬送されて、
その中の3人の死亡ケースがあります。

関連;モンスターエナジーを毎日飲むとカフェイン中毒になりやすいのか?

【アメリカのモンスターエナジー

 

まとめ

モンスターエナジーなど
エナジードリンクに含まれる
カフェインの量は想像以上に多いです。

ジュース感覚で、
ガブガブ飲むものじゃないので、
大量に飲むなんてことはやめましょう。

カフェインに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!