エアーハラスメントとはどんな事例があるの?2つの意味で使われるエアハラ

この記事は2分で読めます

今では、職場以外でも、
学校やママ友、近所付き合いなど、
人間関係が発生する場面では、
色んな種類のハラスメントが生まれています。

数え上げたら30種類以上とか!

そんなにハラスメントの種類があるなんて
ちょっと信じられませんね。

自分の意思とは無関係に
ハラスメントだと訴えられる恐れが
世の中にはどんどん増えているということ。

エアーハラスメントもその一つです。

ところが、エアーハラスメントに関しては、
2通りの意味で使われることがあるので、
ちょっと紛らわしくてわかりにくいののです。

エアーハラスメントについて
事例をもとに調べてみることにしました。

Sponsored Link

空調に関するエアーハラスメントの事例

エアーハラスメントの使い方として、
主流になっているのが、
職場や家庭などの空調に関するハラスメントです。

環境のために職場の空調の温度を
夏は28度設定にして、
服装をクールビズにするというのは、
すっかり定着していますが、
実際に28度設定はかなり暑いです。

あまり動かないデスクワークでも、
パソコンに囲まれていると
排気熱でかなり暑く感じます。

外回りをしている人などは、
猛暑の中で仕事をしてきて、
職場に帰ってきた時に
生温いオフィスはツラいですね。

28度でも、まだエアコンを
使わせてくれるだけマシで、
エアコンを使わせない職場もあるのです。

女性は男性よりも冷え性の人が多いので、
エアコンが苦手な人も多く、
冷房の温度設定で快適に感じる温度は、
男女の間でかなり差があるのです。

これは家庭内でもよくあることですよね。

空調を使わせないとか、
働く環境が体調不良を
招くようないやがらせ
のことを
エアーハラスメントというようになりました。

 

その場の空気に関するエアーハラスメントの事例

空調に関するエアーハラスメントの方が
一般的に使われるのですが、
ごく一部では、その場の雰囲気を
とてもイヤなムードにするいやがらせのことを
エアーハラスメントというケースもあります。

その場の雰囲気を感じ取ることができずに、
無神経な言葉を放って
台無しにしたりする人のことを、

空気が読めない

と呼んだりします。

Sponsored Link



「空気が読めない」のは、
故意にではなく、
感じることができないので、
ハラスメントにはなりません。

ただ、

その場の空気をわざと悪意を持って、
台無しにするような場合は、
エアーハラスメントと表現したくなりますね。

【スメルハラスメントの問題

 

まとめ

エアーハラスメントの意味は
まだハッキリと世の中に定着していないので、
空調なのか、雰囲気(空気)のことなのか、
ルールが決まっていません。

これ以上ハラスメントの種類が
増えると、人と接することが
怖くなってしまいそうですが、

人の気持ちを察することができる
人間にならないと、生きにくい
世の中なのかも知れません。

ハラスメントに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!