スメルハラスメントなってしまう香水やシャンプーの香りは対策できるの?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

以前はとくに問題にもならなかったことですが、
今はハラスメントにビクビクしながら
生活しないと、もしかして自分が
訴えられる対象になる恐れがあります。

  • セクハラ
  • パワハラ
  • マタハラ
  • モラハラ

など、覚えるのも大変なほど続々と
増えるハラスメントの種類。

スメルハラスメントは、
ハラスメントの中でも、
かなり微妙なものです。

香水や柔軟剤、シャンプーなど、
自分では良い香りだと感じても、
それが人には不快なニオイになってしまい、
スメルハラスメントと言われて
しまうかも知れないのです。

スメルハラスメントとは、
どう対処したら良いのでしょうか。

スメルハラスメントとは

ハラスメントという言葉が、
日本に定着したのは、
セクシャルハラスメントからですよね。

略してセクハラです。

これは、性的な嫌がらせやいじめのことです。

男女間だけではなく、
同性間でも、性的な発言などで、
相手がいやがらせだと感じれば、
セクハラになってしまうこともあります。

これはほかのハラスメントにも
共通することで、人の感じ方、
言葉の受け取り方
が違えば、
同じ発言や行動でも、
ハラスメントにならないこともあり、
その定義は難しいものです。

スメルハラスメントは、
体臭、口臭、たばこ臭など、
ニオイで人を不快にさせることです。

いかにも不快なニオイなら、
それを指摘されても納得できるかも知れません。

しかし、

香水や柔軟剤など、一般的には
良い香り
として認知されているニオイでも、
スメルハラスメントになってしまう
ことがあるのは、人によって香りの好みが
大きく分かれており、必ずしも良い香りに
ならないことがあるからなんです。

 

スメルハラスメントの対策方法

スメルハラスメントは、
自分が人に知らず知らずのうちに
迷惑をかけている可能性もあるし、
その逆のケースもあります。

不快なニオイだと
自覚できることがあるなら、
それは防ぐこともできます。

口臭や体臭がヒドイなら、
病院で治療することを考えないといけません。

加齢臭、汗クサい、たばこ臭などは、
自分ではあまり気が付かないかも
知れませんから、家族や親しい友人などと
ニオイチェックをした方が良いでしょう。

Sponsored Link



 

香水や柔軟剤もスメルハラスメントの原因になる

男性でも女性でも、香水のニオイが
キツイと、スメルハラスメント
可能性は十分あります。

職場などでは、多くの人が
同じ空間に集まることもあります。

狭いエレベーターの中で、
色んな人の香水のニオイが混ざりあうと、
頭が痛くなるほどニオイが強くなりますから、
香水は控えめにした方が良いでしょう。

香りが強い柔軟剤も、
他の人の柔軟剤や香水と混ざると、
迷惑なニオイになることもあります。

香水レベルなんて広告している
柔軟剤もありますよね。

人の香水が気になった経験があるなら、
自分も同じように思われる危険があるので、
香りは止められないことを
理解しておきましょう。

とくに女性の香水は、
甘い香りが強いので、
男性は苦手な人もいますので、
甘い香りは使い方に注意しましょう。

【スメルハラスメントの問題

 

まとめ

スメルハラスメントは、
意図しないことだし、
故意な嫌がらせじゃないので、
騒ぐ方が悪いという意見もあります。

色んな意見があるのですが、
自分の好みが誰にでも受け入れられると
思わない方が良いということですね。

ハラスメントに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ