ワンオペ育児に疲れたママたちの声!不満解消はどうしてるの?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

『ワンオペ育児』

という単語が
すっかり世の中に浸透してきました。

ワンオペ育児で疲れたママたちの声が
TwitterなどSNS上に溢れていますが、
不満の声を拾って成仏させてくれる
社会になってくれるかどうかわかりません。

ワンオペ育児で疲れたママたちは、
どんな方法で不満を解消しているのでしょう。

ワンオペ育児の意味

ワンオペ育児というのは、
もともと存在した言葉ではありません。

いわゆる、造語ですね。

ワンオペといのは、
一人で操作することや、
一度の操作で終わらせることなど、
最新テクノロジーの進化などを説明する時に
使われてきた言葉です。

例えば、今までなら、
何人かで行っていた作業を、
ロボット開発などの技術によって、
たった一人でも作業が可能になるということです。

どちらかというと、
プラスのイメージで使われてきた言葉です。

それが、徐々に意味を変えてきました。

例えば、深夜営業するコンビニや
ファストフードなどで、人手不足や
人件費削減のために、バイトを
一人しか使わないで営業する時などに、
ワンオペという単語が使われるようになりました。

そこからたった一人で育児をする
ワンオペ育児という言葉が生まれたわけです。

 

ワンオペ育児で疲れたらどうする?

ワンオペ育児は、誰にも
育児を分担してもらえない状態なので、
疲れたとしても、代わりは誰もいません。

疲れたカラダを休める暇もないし、
疲れたココロを癒す時間もないのです。

少子化が進み、子供の人数が
少なくなっているのに、どうして
ワンオペ育児で疲れ果てたママたちが
世の中にこんなに増えてしまったのか、

その背景は日本が抱える
根本的な問題が重なり合うので、
カンタンに解決できません。

そこで、先輩ママたちが、
ワンオペ育児をどう乗り切ったのか、
参考にしてみましょう。

Sponsored Link



 

ワンオペ育児のサポート

ワンオペ育児で疲れ切ってしまう原因の一つに、
育児は人に任せられないという
強い責任感が考えられます。

だからと言って無責任になれば
それで解決されるわけではありません。

夫や夫の親、実家の親など
親族に頼れなくても、育児サポートは
思っている以上に色んなところにあります。

例えば、託児所完備の美容院もあるのに、
髪の手入れすら後回しにしてしまうのも
人に任せられないからでしょう。

子育てに悩む親のサポートをする
自治体のサービス

調べてみると意外と沢山あるものです。

無責任になるわけではなく、
育児は一人ですべて背負うものではない
自分の気持ちを切り替えることが、
ワンオペ育児の不満の蓄積を
解消するスタートになります。

【ワンオペ育児の現状

 

まとめ

ワンオペ育児という言葉は最近の言葉ですが、
孤独に育児をしてきた母親は
核家族化が進む世の中で、
ずっと増え続けてきたのです。

育児で疲れたと弱音を吐くのは、
恥ずかしいことでも何でもありませんから、
誰かに頼れる自分を認めてあげてくださいね。

育児に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ