モンスターエナジーを毎日飲むとカフェイン中毒になりやすいのか?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

モンスターエナジーは、
世界中で発売されている清涼飲料水です。

日本でも発売されるようになってから、
若い世代を中心に人気が広まっています。

アメリカでは、日本国内では
見かけることがない様々なバリエーションの
モンスターエナジー
シリーズが発売されております。

モンスターエナジーは、
そのネーミングから、
とてもパワフルな効果があるような感じがします。

毎日飲み続けると、カフェイン中毒になる
危険が高まると言われているのですが、
清涼飲料水なので、上限があるとは思えません。

実際にはどの程度のリスクがあるのでしょうか。

モンスターエナジーに含まれるカフェインの量

モンスターエナジーは、
日本国内向けに販売されているものと、
北米で販売されているものでは、
成分にも多少の違いがありますし、
バリエーションも違うので、
カフェインの量も同じではありません。

定番のタイプは、355ml缶です。

355mlのモンスターエナジー
1本に含まれるカフェインの量は
142㎎程度となっています。

142㎎は、カフェイン中毒が
心配されるカフェイン量ではない
ので、
毎日モンスターエナジーを飲み続けていても、
それがカフェイン中毒になるとは言えません。

142㎎のカフェインの量は、
コーヒーを2杯飲むのと、
同じ程度のカフェイン量なので、

普通に考えればモンスターエナジーを飲んでも、
急性カフェイン中毒を心配する必要はありません。

 

モンスターエナジーを毎日飲むときの注意点

モンスターエナジーを1本飲むだけでは
危険なカフェイン量ではないのです。

でも、

注意しなければいけないのは、
カフェインとは色んな飲み物に含まれるので、
モンスターエナジー以外の飲み物にも
気を付ける必要があるのです。

例えばお茶や紅茶、コーラなど、
カフェインの代名詞であるコーヒー以外にも、
カフェインを含む飲み物があるのです。

Sponsored Link



成人が摂取するカフェインの量は、
300㎎を超えると多すぎる危険があります。

多くても400㎎を超えないようにすることで、
カフェイン中毒を回避することになるので、
モンスターエナジーを
2本飲むと危険値に近くなります。

毎日飲む人は、1本までに抑えることと、
他の飲み物に含まれるカフェインのことも考えて、
くれぐれも過剰なカフェイン摂取
には注意してください。

関連:モンスターエナジーの飲み過ぎで死亡した事例は日本にもあるの?

【モンスターエナジー100本

 

モンスターエナジーに含まれる成分

  • 砂糖
  • ブドウ糖
  • アルギニン
  • カルニチン
  • 高麗人参エキス
  • ガラナ種子エキス
  • 塩化ナトリウム
  • クエン酸
  • 香料
  • クエン酸
  • 甘味料
  • カフェイン
  • ナイアシン
  • アントシアニン
  • イノシトール
  • ビタミンB6
  • ビタミンB2
  • ビタミンB12

カフェインの他にも、
元気になれる成分が色々入っていますね。

刺激的な味なので、
頭をスッキリさせたい時には
たしかに効果がありそうですね。

 

まとめ

モンスターエナジーを毎日飲む場合は、
カフェインの過剰摂取にならないように、
他の飲み物に含まれるカフェイン量も
考えた方が良いですね。

毎日飲み続けていると、そんな
怖いものという感じはなくなります。

カフェイン中毒で死亡するケースがあることを
頭の片隅に置いておくようにして、
上手く利用していくようにしましょう。

カフェインに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ