カフェイン中毒にならないための解毒方法はこんなに簡単だった!

この記事は2分で読めます

コーヒーを一日何杯も飲むことなんて普通なので、
カフェイン中毒なんて気にしたことがありません。

でも、カフェインの摂りすぎで、
自分でも気が付いていないけど、
軽度のカフェイン中毒の症状が
出ている可能性があることを知りました。

知らず知らずのうちに
カフェイン中毒になってしまうのは怖いですね。

もしも、

カフェインを摂り過ぎてしまった場合、
カフェイン中毒にならないための
解毒方法は知っておいた方が安心だと思います。

Sponsored Link

カフェインの作用

カフェインは、上手く取り入れれば
体に悪いものではありません。

カフェインによって、
どんな効果が得られるのか、
まずはプラスの面もチェックしましょう。

以下が、主なカフェインの効果です。

  • 覚醒作用
  • 利尿作用
  • 脂肪分解促進作用
  • 胃酸分泌促進作用
  • 交感神経刺激
  • 解熱鎮痛作用

文字で見ると、カフェインの作用って、
まるでダイエットサポートサプリのようですが、
このような作用があるわけです。

それだけに、適度に摂らないと、
カフェイン中毒を起こす恐れもあるので、
注意いないといけないわけですね。

 

カフェインの中毒症状

カフェインの中毒には、
急性中毒症状があります。

逆に、毎日カフェインを摂り続けないと、
イライラしたり、落ち着かないというのは、
カフェイン依存症という慢性中毒症状です。

コワいのは、急性カフェイン中毒です。

急性カフェイン中毒の症状には

  • 心拍数の上昇
  • 不整脈
  • 血流増大
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 胃痛
  • めまい
  • 頭痛
  • 呼吸困難
  • 歩行困難
  • 異常な不安感
  • 高揚感

激しい中毒症状になると、
このような症状が同時に起こり、
最悪のケースでは死んでしまうことも。

ここまで急な中毒症状が出るのはまれですが、
1時間以内に6.5㎎/㎏を超えるカフェインの
量を摂ると、
半数くらいの割合で、
中毒症状を起こす
ことがあります。

関連:カフェインの致死量は缶コーヒーで換算すると何杯になるのか?

Sponsored Link



 

カフェインの解毒方法

カフェインの摂り過ぎによる中毒症状かも?

という軽い症状が出た時の解毒方法として、
もっとも効果的で素早く対処できるのは、
水を飲むことです。

じつは、カフェインの作用を
中和する食べ物などはないので、
とにかく血液中のカフェイン濃度を薄く
することが最優先することです。

次にできる解毒方法は、
発汗させてカフェインを早く排出することです。

カフェインには利尿作用があるので、
体内の水分量が少なくなっていて、
カフェイン濃度が高くなっている可能性があるので、

まずはしっかり水分を補給してから、
汗を出してまた水分を補うようにしましょう。

【カフェイン中毒の症状

 

まとめ

コーヒーの飲みすぎで、
時々、胃がむかむかすることがあります。

もしかしたらカフェイン中毒の
初期症状だったのかも。

解毒方法は、水を飲んで汗を流すという、
原始的な方法しかないので、
コーヒーは飲み過ぎないように注意することにします。

カフェインに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!