ジェネリック医薬品問題点まとめ!普及しないのはデメリットが勝っているから?

この記事は2分で読めます

ジェネリック医薬品については、
価格が高い先発医薬品と比べて、
同じ効果が得られるものです。

しかも!

低価格というアピールがあるので、
問題点なんて一つもないように思う人がいても
不思議なことではありません。

医療のこと、薬のことを専門的に勉強している
わけじゃない一般人にとって、
ジェネリック医薬品の問題点
想像できないものでした。

でも、同じ効果で低価格だとしたら、
それをすすめない医師や薬剤師は、

「儲け主義?」

と悪徳なイメージすら湧いてしまいます。

どうしてジェネリック医薬品があるのに、
それほど普及されずに、
先発医薬品の方をすすめる医療関係者が多いのか、
その問題点をまとめてみました。

Sponsored Link

ジェネリック医薬品問題点は成分の相違点

ジェネリック医薬品は、
先発医薬品の開発の特許期間が終わったものです。

ただし、特許が終わったのが、
先発医薬品の有効成分だけで、
薬のすべての成分や製造方法に関する特許は別です。

ジェネリック医薬品を製造する医薬品メーカーは、
有効成分の他の添加物については、
独自の処方で製造しているのです。

もちろん、公開されていて、
わかっている成分に対しては
できるだけ同じ処方で作っているとしても、
コストの面も考えて全く同じではないこともあります。

そもそも、日本でジェネリック医薬品の
承認を受けるためには、有効成分は
同じであることは条件となりますが、
添加物など有効成分以外は同じである必要はありません。

80%程度が同じならジェネリック
医薬品としての認可をクリアできるのです。

同じ効果ではなく、同等程度の効果なのです。

関連:ジェネリックの薬は効き目が違う?同じ効果で安いのはウソなのか!

 

ジェネリック医薬品の普及しないのは安全性のせい?

薬を開発するためには、
莫大な費用がかかります。

薬の種類によっては、
数百億もかかることもあるわけです。

しかも、その開発には、
有効性や安全性の試験も含まれるわけです。
何年、何十年もかけて、
安全な薬を開発しているわけです。

ジェネリック医薬品は、
その開発の時間も費用も必要ないわけですが、
安全性についての問題点が気がかりです。

Sponsored Link



同じ有効成分を使っていても、
添加物との組み合わせで、
同じ効果が得られないケースも考えられるし、
もしかして、添加物との相性が悪かったりすると、

副作用のリスクもあるのでは?

と不安になります。

今まで飲んでいた薬と同じジェネリック医薬品なら、
安全性も問題ないというわけではないのです。

何しろ、ジェネリック医薬品には、
有効性を確認する試験は義務となりますが、
安全性に対する試験は、
先発医薬品のような厳しさはありません

医療関係者が問題点として気になるのは、
当然のことなのではないでしょうか。

関連:ジェネリックを勧める薬剤師の説明が不十分だと感じた時にポイント

 

【薬剤師が解説

 

まとめ

ジェネリック医薬品には、
まだあまり普及されていないので、
一般人にはよくわからない問題点がいくつもあります。

良いことばかりではないので、
デメリットについても
きちんと説明を受けるようにしてから
選ぶようにしたいですね。

ジェネリック医薬品に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!