カフェイン中毒の症状で吐き気が出た時の対処法と予防法を知っておこう

この記事は2分で読めます

カフェイン中毒の症状は、
人によって違いますが、
急性カフェイン中毒でも、
慢性カフェイン中毒でも、
吐き気を起こすケースは多いようです。

軽いカフェイン中毒で吐き気が出た場合は、
病院に行くまでもないとは思いますが、
吐き気が治まらないのは不快ですよね。

そこで、カフェイン中毒による吐き気の
対処法や予防法を調べてみました。

Sponsored Link

カフェイン中毒に起こりやすい症状

カフェイン中毒の症状として、
主なものには、

  • 吐き気
  • 頭痛
  • 動機
  • 寝付けない
  • めまい
  • 震え
  • 下痢
  • 興奮

このような症状は、
急性カフェイン中毒に起こりやすいです。

急性カフェイン中毒は、短時間で
大量のカフェインを摂取した場合や、
カフェインに過敏に反応する体質の人に出やすいです。

 

カフェイン中毒による吐き気の原因

カフェイン中毒によって
吐き気が起こりやすいのは、
カフェインが胃液の分泌に影響するからです。

食後にコーヒーや緑茶を飲むと、
食べ物を消化するために必要な
胃液の分泌を促す作用があります。

これは、コーヒーや緑茶に含まれる
カフェインの作用なんですね。

胃液の中には、脂肪の分解に必要な
リパーゼは含まれています。

これが吐き気の原因に
なってしまうことがあります。

カフェイン中毒で吐き気を起こすのは、
食後ではなく、空腹状態でコーヒーを
飲みすぎたりする
と消化するものがないのに
胃酸が過剰に分泌されるからです。

さらに、

カフェインには自律神経の
交感神経を刺激する
作用があります。

興奮状態になる時に活発になる交感神経と
胃酸の過剰分泌が重なると、
吐き気を感じてしまうこともあるのです。

 

吐き気の対処法

空腹時にコーヒーを何杯も飲んだり、
カフェインを含むエナジードリンクなどを飲んで、
吐き気を感じてしまったら、まずは水を飲んで
体内のカフェイン濃度を薄める
ようにします。

カフェインを含むコーヒーやお茶には、
利尿作用があります。

利尿作用で体内の水分が少なくなると、
カフェインの濃度が余計に高くなってしまうので、
水を飲んで吐き気がおさまるまで安静にしましょう。

この時、水の温度は常温か
少し温かいぬるま湯
にします。

冷水で胃を刺激しないようにしてください。

Sponsored Link



 

カフェイン中毒による吐き気の予防法

一度でも、カフェイン中毒
吐き気を起こしてしまうと、
その後は二度とカフェインを摂りたくないと
拒絶する人もいます。

でも、

コーヒーやお茶は嗜好品なので、
簡単に避けることは難しいこともあります。

大量に飲まなければ
普通に考えれば中毒症状まで起こしませんが、
カフェインに過敏な体質の人や、
空腹状態でもコーヒーを飲みたくなるなら、
予防法として、

デカフェ(ノンカフェイン)

にしてみましょう。

 

まとめ

夜中まで仕事をしていて、
空腹状態でコーヒーをガブガブ飲んで、
吐き気を起こした経験があります。

好きなコーヒーを嫌いになりそうでした。
吐き気を起こさないように気を付けたいと思います。

カフェインに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!