パンケーキシンドロームとは一体何なの?恐ろしい症状を起こす可能性も!

この記事は2分で読めます

パンケーキの人気は
いまだ衰えていませんよね。

各地で話題のパンケーキ専門店がまだまだ増えています。

行列を見るたびに、
並ぶ根性もなく、
インスタグラムもやっていない私は、

パンケーキのために並ぶなんて・・

と、横目に見ながら諦めてしまうのですが、
パンケーキは大好きです。

だから、自宅でパンケーキを焼くことはあります。

家のキッチンでも簡単に作れるのが、
パンケーキの良いところ♪

ところが、最近気になることが…

それはパンケーキシンドロームです。

パンケーキシンドロームとはいったい
どんなものなのか調べてみました。

Sponsored Link

パンケーキシンドロームとは

パンケーキシンドロームとは、
パンケーキ症候群とも呼ばれるもの。

はじめて聞いた時の私の印象は、

パンケーキが好きすぎて、
パンケーキを食べないと禁断症状を起こすとか?

と思いました。

確か、パンケーキの材料となる小麦粉は、
グルテン中毒になると言われたこともあります。

グルテンフリーの健康法や、
小麦アレルギーなどに関連するもの
なのかとも想像しました。

ところが、パンケーキシンドロームとは、
まったく私の想像とは違うものでした。

 

パンケーキシンドロームの正体

パンケーキシンドロームとは、
ご家庭でパンケーキを作る時の材料にする
小麦粉やホットケーキミックスなどの粉類の中に
入り込んだダニが原因になるアレルギー症状のことです。

家の中に存在するアレルギーの原因となる
ダニは、布団や枕、カーペットの中などに
潜んでいて、人の皮膚から落ちた角質などを
餌にして生息すると言われています。

でも、

ダニにとっては他にも餌になりそうなものがあり、
生息しやすい環境があれば
そこに入り込んでしまいます。

小麦粉は袋などに入って
販売されていますから、
使いきれないものは袋の中に
入れて保存すると思います。

私はいつも100円ショップで買った
保存用のクリップで留めていますが、

ダニは目で見えないほど小さいものですから、
輪ゴムで丸めて保存したり、
しっかりクリップで留めていても
入り込む恐れがあります。

そして、

ダニが入ったままの粉を使って料理して、
それを食べてしまうと、
ダニが原因のアレルギー症状を起こす
恐れがあるというわけです。

これがパンケーキシンドロームの正体だったんですね。

Sponsored Link



 

パンケーキシンドロームの対策

パンケーキシンドロームを起こさないように
するためには、粉ものを保存する時には
ダニが入らないように、密閉容器に入れることと、
冷蔵庫で保存すること

もしくは、使い切れる量に
小分けされているものを
購入する
ようにしましょう。

未開閉ならダニは入り込めないので、
小袋パックなら安心ですね。

ダニの死骸でもアレルギー症状を
起こす原因になる
ので、加熱して死んでしまっても
安全ではありませんので怖いですね。

【ふわふわパンケーキの作り方】

 

まとめ

パンケーキシンドロームとは、
身近に潜むアレルギーの危険のことです。

パンケーキシンドロームなんて
ちょっと可愛らしいネーミングにしないで、
もっとドキッとするような呼び方にしないと、
あまり真剣に取り合わない人がいそうで怖いです。

パンケーキシンドロームに関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!