カフェインの致死量は体重で決まる!中毒の症状がヤバいと話題に!

この記事は2分で読めます

コーヒーが大好きな私は、
家にいる間も、外出している間にも、
一日何杯もコーヒーを飲みます。

何杯飲んでいるかなんて、
意識していないのですが、
コーヒーといえばカフェインですよね。

私はコーヒーを飲んでいても、
カフェインの摂りすぎだと思ったことはないです。

でも、

カフェインの摂りすぎは、
カフェイン中毒になり、最悪の場合には、
死亡してしまうこともあるんですよ。

いったいカフェインの致死量とは
どのくらいなのか?

もしもカフェイン中毒になった場合は、
どのような症状が出るのか、
コーヒー好きの方は要チェックです。

Sponsored Link

カフェインとは

カフェインは、コーヒーに含まれるものというのが、
一般的なイメージですが、
コーヒー以外にも、カフェインは

  • お茶
  • 紅茶
  • ココア
  • コーラ

などに含まれています。

カフェインというのは、
耳慣れたものですが、
その正体はあまり知られていないようです。

カフェインは、アルカロイドという
化合物の一種
です。

カフェインには、覚醒作用がありますから、
眠気覚ましにも効果があると言われています。

さらに、解熱鎮痛作用もあるので、
鎮痛剤などの医薬品に配合されることもあります。

 

カフェイン中毒の症状とは

カフェインの摂りすぎは、
身体によくないと言われるので、
子供や妊婦さんはカフェインを
避けるように言われます

でも、

薬に配合されることもあるカフェインなので、
毒になるようなものでもありません。

ただ、摂りすぎが良くないわけです。

カフェインの作用には、
血管を収縮させたり、
心拍数を上げることがあります。

過剰にカフェインを摂取すれば、
心拍数が上がって全身に
症状が出ることがあります。

カフェイン中毒の症状として、
軽いものは、

  • 眠れなくなる
  • 落ち着きがなくなる
  • 心拍数が上がる

このような症状が出てくることがあります。

さらにひどい症状になると、
頭痛や吐き気などが出てきます。

短い時間に大量のカフェインを摂取すると、
急性中毒を起こしてしまう恐れがあります。

カフェインの急性中毒には、
呼吸困難や意識障害などが出てくることもあり、
最悪のケースでは亡くなることもあるのです。

関連:カフェイン中毒の症状で吐き気が出た時の対処法と予防法を知っておこう

Sponsored Link



 

体重に対するカフェインの致死量

カフェインの致死量は、
体重に対しての量になります。

40kg 8グラム
50kg 10グラム
60kg 12グラム
70kg 14グラム

一般的には、このカフェインの量を
数時間で摂取することはまずありません。

コーヒー:85杯以上
玉露:80杯以上
缶コーヒー:80本~120本

に値する量です。

問題は、カフェインの錠剤や
カフェイン濃度の高いエナジードリンクなどを
大量に摂取することです。

致死量に近い摂取量になるような利用は危険です。

もしもカフェイン中毒の軽度な症状を
感じたことがある人は要注意です。

 

【カフェイン摂取量の危険性】

 

まとめ

コーヒー大好きな私は、
カフェインに対して鈍感になっている
のかも知れないですが、

コーヒーを飲むだけなら、
そんなに心配はないことがわかって
ちょっと安堵しています。

カフェインに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!