ジェネリック医薬品が効かない理由は?ロキソニンで試してみた結果!

この記事は3分で読めます

ジェネリック医薬品は効かないという
評判は、先発医薬品のメーカーからの
ネガティブキャンペーンのせいだという
ウワサもありますね。

ネガティブキャンペーン・・。

日本の権力者が口癖のように発する、
印象操作のようなものでしょうか。

医薬品メーカーとは何の関係もないので、
ジェネリックでも先発医薬品でも、
効果があればそれで構わないと私は思います。

でも、

ロキソニンを服用する機会が多いので、
ロキソニンにもジェネリックがあり、
それを勧められたので、
実際のところはどうなのか
試してみた結果を今回ご紹介します。

Sponsored Link

ロキソニンのジェネリックとは

ロキソニンは、痛み止めとしてよく処方されます。

以前は医療機関で処方されないと
手に入りませんでしたが、今は
第一類医薬品となり、薬剤師がいる
薬局薬店なら購入できるようになりました。

いつもロキソニンSを購入していたのですが、
ジェネリックと迷ったことがあります。

なんとなく、飲み慣れているものを選びたいので、
ロキソニンSばかりを買っていましたが、
一度試してみようと思い買ってみました。

 

私は購入したのは、
クニヒロのロキソプロフェン錠です。

他にも、エキセドリンLOXとや
ユニペインLといったロキソニンの
ジェネリックがある
ようです。

 

成分を比較してみる

ロキソニンのジェネリックということで、
有効成分のロキソプロフェンナトリウムの
1錠分の成分量は68.1㎎とどちらも同じでした。

錠剤の形状も、見た目にはほとんど変わりませんし、
錠剤の大きさも同じように見えます。

添加物を比較してみます。

ロキソニンSの添加物です。

  • ヒドロキシプロピルセルロース
  • ステアリン酸Mg
  • 乳糖水和物
  • 三二酸化鉄

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第1類医薬品】ロキソニンS 12錠
価格:492円(税込、送料別)

ロキソプロフェン錠の添加物です。

  • 乳糖水和物
  • セルロース
  • ポピドン
  • 部分アルファー化デンブン
  • クロスポピドン
  • 無水ケイ素
  • ステアリン酸マグネシウム
  • 三二酸化鉄

比較してみると、添加物には
違いがある
ことがわかります。

もしかして、ロキソニンのジェネリックが
効かないと感じた方たちは、
添加物によって有効成分の吸収が悪くなったのが
原因のひとつなのかも知れませんね。

関連;ジェネリック医薬品の欠点も理解しておこう!利点だけではない事実も!

Sponsored Link



 

ジェネリックが効かない理由が?

ロキソニンは痛み止めとして
利用することが多いので、
痛みに対して効果を期待して服用します。

ところが、プラセボ効果という
効かないかも?」と思いながら飲むことで、
痛みに対する意識が強くなって
効果が薄くなる可能性もあるそうです。

プラセボ効果については、
心理的なことなので、
人によって差が出ることが大きいと思います。

ジェネリックは、有効成分の吸収率が、
80%を超えれば承認が下りるということなので、
心理的なことだけじゃなく、
効かないこともあるでしょう。

私はロキソニンSと同じように効果を
実感したので、これからはジェネリックを
扱っているドラッグストアなら、
そちらを選ぶつもりです。

【ジェネリック医薬品を推奨する理由】

 

まとめ

ロキソニンのジェネリックが効かないのは、
心理的な問題というデータがあるのには驚きましたが、
「病は気から」ということわざもあるように、
気持ちは影響するのかも知れません。

ジェネリック医薬品に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!