ジェネリック医薬品はなぜ安いの?安い理由を知れば安心する!

この記事は2分で読めます

ジェネリック医薬品を
すすめられることが多くなってきました。

処方箋を持って調剤薬局に行くと、
ジェネリック医薬品があると、私はそちらを選びます。

効果も同じなのに、価格が安いのですから、
逆にジェネリック医薬品を
選ばない方が不思議に思うほど。

でも、

ジェネリック医薬品がなぜ安いのか、
その理由を知らないと、
安かろう、悪かろう」と
考えてしまう人はいるのではないでしょうか。

今回はジェネリック医薬品が安い
理由についてお伝えしていきます。

Sponsored Link

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品は、先発医薬品に対して、
後発医薬品のことを表しています。

先発医薬品は、新薬とも呼ばれるものです。

薬の開発は、製薬メーカーが
莫大な費用と長い年月をかけています。

薬の開発に成功するまでに
費やしたお金や時間を考えて、
新たに医薬品を開発すると、
特許を取得することがほとんどです。

その特許の期間は20年~25年もの
長い年月ですが、薬の開発には、
10年以上もの長い年月が必要なケースもあります。

さらに、

臨床試験などの期間を含めると、
25年の特許期間でも
まだ短いくらいなのかも知れません。

ジェネリック医薬品は、特許期間が切れた後に
製造される薬なので、後発医薬品と呼ばれるわけです。

 

ジェネリック医薬品はなぜ安いのか

ジェネリック医薬品がなぜ安いのか?

その理由は、開発にかかる
莫大なコストがないからです。

口の悪い人が、
ジェネリック医薬品のことを

人のふんどしで相撲を取るようなもの

なんて言っていて、

「ウマいこと言うなぁ~」

と感心する反面、同じ品質で安く作れるのなら、
利用する側としては助かります。

Sponsored Link
 

ジェネリック医薬品の品質は?

ドラッグストアで売っている医薬品にも、
ジェネリック医薬品がありますが、
薬剤師の説明では、
有効成分は同じです。と言います。

有効成分だけじゃなく、
用法や用量、効果や効能も同じじゃないと、
ジェネリック医薬品として販売できないそうです。

違っても問題ないのは、

  • 添加物
  • 薬の形状

ということですから、
安いけど、効果や効能が
同じなら安い方が私は好きです。

市販されているジェネリック医薬品は、
パッケージが少し安っぽく見えたりするのですが、
見た目にこだわる必要はありませんよね。

【ジェネリック医薬品の効果は違うの?】

 

まとめ

ジェネリック医薬品がなぜ安いのか、
その理由がわかれば、安い方を
選んでも良いと思いませんか?

とくに処方薬でジェネリック医薬品を選ぶことは、
国が負担する医療費の軽減に少しでも役に立ちます。

そう考えると、ジェネリック医薬品も
悪くないと感じられるのではないでしょうか。

ジェネリック医薬品に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!