アニサキスを食べたらどうなっちゃうの?食中毒の増加の原因は?

この記事は2分で読めます

サバやアジ、サーモンなどに寄生する
アニサキスの幼虫による食中毒を起こすのは、
世界中でも日本人が最も多いのです。

そのワケは、
生の魚を食べるからなんですね。

最近でこそ、和食が世界的なブームとなり
海外でも生魚を食べることが増えているそうですが、
やはり日本人よりもその機会は少ないでしょう。

しかし、

ずっと昔から生魚を食べる習慣があったのに、
近年、アニサキスによる食中毒を起こす症例が
日本国内で増加しているというデータがあります。

アニサキスの幼虫が寄生している魚を食べたら
ほとんど100%に近い確率で症状を
起こしてしまうのでしょうか。

Sponsored Link

アニサキスを食べたらどうなるのか

アニサキスの幼虫が寄生しやすい魚は、

  • サバ
  • アジ
  • サケ
  • ホッケ
  • イカ
  • サンマ

などです。

これらの魚の内臓に多く寄生しています。
生の魚の内臓をそのまま食べることは
ほとんどないと思いますが、

魚が生きている間は内臓にいたアニサキスの幼虫が、
魚が死んでしまった後に筋肉の方へ移動してきます。

身の中に潜んでいるので、
お刺身で食べたりすると、
胃の中に入ってしまいます。

胃の中に入ったアニサキスは、
そこで胃壁に噛みつき寄生しようとします。

その症状が激痛となって現れてくるのです。

関連:アニサキスの痛み方は胃に激痛が!鮮度だけで油断できない魚の食中毒!

 

アニサキスによる食中毒の増加の原因

ところで、なぜ昔から日本人は生の魚を
食べているのに、この数年でアニサキスの
食中毒が増えているのか、
少し不思議に思いませんか?

どうやら、そこには魚を冷凍しなくても、
鮮度の良い状態で保存して輸送できる
技術の進歩が
関係しているようです。

アニサキスの幼虫は、マイナス20度以下で、
24時間以上冷凍状態になると死んでしまいます。

なので、

解凍されたお刺身などにアニサキスがいても
死んでいる状態なので何の害もありません。

あるとしたら、「想像すると気持ち悪い」
といったくらいの害でしょう。

Sponsored Link
 

釣りたてで、アニサキスが内臓にいる状態なら
刺身で食べてもまず大丈夫だとしても、
冷蔵状態で数時間経過してくると徐々に
内臓から移動してしまうのです。

冷凍して解凍されたものよりも、
よりおいしい状態で食べるための技術の進歩
アニサキスの食中毒を急増
させている原因の一つのようです。

唯一、よく噛んで食べると、
口の中でアニサキスが死んでしまうので、
お刺身を食べる時はしっかり噛むことを
意識すると予防になると思います。

ただ、やっぱり想像すると気持ち悪いですけどね。

【アニサキスの症状と対策】

 

まとめ

アニサキスが寄生した魚を食べたら、
誰でも食中毒になるわけではないとしても、
ものすごく痛いし、特効薬も現時点ではないので、
注意するに越したことはないですね。

知らないでお刺身などをバクバク食べているよりも
危険性を知った上で、美味しく食べた方が
自分にとってもいいですからね。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

アニサキスに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!