バセドウ病になると太れない?食べても痩せるそのワケとは?

この記事は2分で読めます

太ってしまうと、
生活習慣病のリスクが高くなります。

見た目にも、痩せている体型を好む傾向があるので、
ダイエットに励んでいる人は沢山います。

もともと太れない体質の人が
羨ましい
と思うことも。

ところが、

ある時から急に太れない体質になったら、
何か病気が隠れているかも知れません。

その病気の一つにバセドウ病があります。

バセドウ病とはどんな病気なのかご説明します。

Sponsored Link

バセドウ病とは

バセドウ病という病気は、
芸能人やスポーツ選手などが公表することで、
名前くらいは知っている人もいると思います。

バセドウ病は、甲状腺機能亢進症という
甲状腺に症状を起こす病気の
約80%を占める病気です。

男性よりも女性の方が発症しやすく、
発症する年齢は10代後半から40代までが多いです。

自己免疫疾患の一つで、
体内の免疫機能がエラーを起こし、
甲状腺を攻撃する免疫抗体を作り出して、
甲状腺に炎症を起こすのがバセドウ病です。

 

甲状腺機能亢進症とは

バセドウ病になると、甲状腺から
甲状腺ホルモンがどんどん作られます。

甲状腺ホルモンは
新陳代謝のためのホルモンです。

甲状腺機能亢進症、つまりは
新陳代謝が激しくなってしまいます。

新陳代謝は、鈍いよりも活発な方が
健康的に良いイメージがあります。

しかし、それが度を越してしまうと、
全身に影響してしまいます。

どんな症状が現れてくるのか、
バセドウ病による甲状腺機能亢進症の
主なものをあげてみます。

・食欲が増す
・暑がりになる
・発汗しやすい
・動悸が激しくなる
・手足が震える
・下痢する
・痩せる
・喉が腫れる

このような症状が出てきます。
バセドウ病の約10%~20%の人は、
眼球突出したり、まぶたが腫れるなど、
甲状腺眼症の症状が出ることもあります。

Sponsored Link
 

バセドウ病で太れない理由

バセドウ病になると、それまでよりも
食欲が増すことを感じる人が多く、

今までよりも沢山食べるようになったのに、
太るどころか、逆に体重が減ってきたりして、
それで異常を感じてバセドウ病が
発覚する
こともあります。

しかし、バセドウ病になっても
太れないとは限りません。

個人差があることなので、
食べても太れないからバセドウ病と
決めることはできません。

血液検査、エコー検査などで診断します。

バセドウ病になると、ずっと太れない
体質で痩せるというわけでもなく、

治療を始めて甲状腺ホルモン
数値を正常にすると、
病気を発症する前の状態に戻ります。

その時に、バセドウ病の症状がひどかった時に
食べていた食事の量と同じだけ
食べる習慣が残ってしまうと、
短期間で体重増加することもあるので
注意しないといけません。

【バセドウ病とは?】

 

まとめ

バセドウ病の治療を始めて
10年になる筆者の経験では、
太れない時期はほんの短期間でした。

同じ病気でも、再発する時には、
また違う症状が出ることもあるので、
バセドウ病という病気と
付き合っていくのは難しいことです。

もしもバセドウ病が太れない病気だから、
羨ましいなんて思っている人がいるとしたら、
病気で痩せても嬉しくないことを
知って欲しいと思います。

太れない人に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!