忘れない傘やグッズがあればいいのに!2度と忘れない対策方法!

この記事は3分で読めます

ある調査によると、
傘を置き忘れてしまった経験がある人は、
約75%にもなるそうです。

その割合を見て、
「自分だけじゃなくてよかった」と
ホッとしている場合じゃありません。

次の日にまた雨が降るかも知れないし、
もしかしたらすぐにまた雨が降り始めるかも。

地味にお金の無駄使いになります。

絶対に忘れない傘があればいいのに・・なんて
考えたことありませんか?

忘れない傘や方法・グッズが
存在するのか調べてみます。

Sponsored Link

傘の置忘れの理由

忘れない傘がぜひ欲しい!と思うのは、
傘を置き忘れる理由を自分自身で
確認してからにしましょう。

 

1.雨が降っていないから

天気予報を見て傘を持ち歩いていても、
降らない時は忘れがちです。
外出中に雨が止んだ時も忘れがちです。

 

2.傘立てに入れてしまったから

傘用ビニールのないところで、
傘立てを使うと忘れることが多いです。
傘が大量に入っていて、
見つけられなくなることもあります。

 

3.荷物が多くなってしまったから

買い物などで手荷物が多くなり、
手が塞がると、持っていたはずの傘のことを
コロッと忘れてしまうこともありがちなことです。

ここまでは、傘を置き忘れる理由ですが、
それ以外にも、意識的に傘を
忘れることもありませんか?

邪魔になって放置された傘です。

安物のビニール傘は、
使い捨てのようにしている人もいるようです。

 

忘れない傘は存在するのか

傘を置き忘れる人が沢山いるのですから、
忘れない傘があっても良いと思いますが、

アイデア商品などを色々探してみても、
傘そのものに忘れない工夫がされているものは、
なかなか見つけることはできませんでした。

ただ、

傘を忘れなくなるための便利なグッズ
色々と編み出されているのですよ。

 

忘れ物防止アラーム

傘以外にも使える便利グッズです。
一定の距離離れるとアラームが鳴ります。

防犯グッズとしても使えますが、
傘につけておくと忘れなくなります。

 

便利な傘ハンガー

飲食店などに入った時にも
椅子やテーブルに簡単に設置できる
アンブレラハンガーがあります。

 

自立する傘

傘立てや傘ハンガーがなくても、
傘だけえで自立する機能がある傘なら、
忘れない傘としてはかなり有力です。

 

傘カバーを活用する

傘をたたんいる状態で入れる傘カバーは、
折りたたみ傘にはもともと
ついているものが多いですが、
長傘にもカバーはあります。

カバーは、電車の中などで水滴を
落とさないようにするために使用するのが
本来の目的ですが、

カバーを必ずカバンにつけておくと、
傘の存在を忘れるのを防ぐ効果があります。

 

鈴をつけてみる

傘に小さな鈴をつけておくと、
音が鳴るので、忘れにくくなります。

ただ、音を出せないところでは
使えないので、その点は注意です。

 

まとめ

絶対に忘れない傘として、
画期的なアイデアがあれば、
ぜひどなたか発明して欲しいものです。

それまでは、便利グッズでしのぎましょう。

傘に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!