就活や面接時の傘のマナーは?企業から好印象をもらうためには?

この記事は3分で読めます

就職活動は、長い期間に及びます。
その間には、暑い日も雨の日もあるでしょう。

就職活動をする時にために、
リクルートスーツからカバンも靴もバッチリ!

準備万端だと思っていたら、
面接の日に雨が降ることもあります。

面接時に使う傘は、どんなものが良いのか、
また、面接時には傘をどのように扱えばよいのか、
就活マナーから学んでみましょう。

Sponsored Link

面接時の天気が怪しい場合

面接の当日の天気予報で、
降水確率が50%以上のような怪しい場合は、
例え外出時に晴れていたとしても、
傘は持参した方が良いです。

面接先の企業に着く前に
雨に降られてしまうと困るので、
備えるに越したことはありません。

このような時に持つのは、
長傘よりも折りたたみ傘がおすすめです。

折りたたみ傘が濡れている場合は、
面接先についてから、
タオルなどで水分を拭き取ってから
吸水性のある傘カバーに入れてカバンに入れられます。

 

企業の傘立てを使ってもいい?

面接時の天候が非常に悪く、
折りたたみ傘では濡れてしまいそうなほど
大雨の場合は、丈夫で大きな長傘を使わないと、
困る場合もあります。

そのような場合は、長傘用のカバー
持参すると面接先の企業に
傘立てがなくても困りません。

傘立てを使わせてもらえるのなら、
カバーを使うこともありませんが、

もしも来客用の傘立てが
イッパイになっている場合
は、
傘カバーを使った方が良いでしょう。

傘立てを使うことはマナー違反ではなく、
水滴のついた傘をそのまま持ち込むのを
控えて欲しいから設置しているので、
傘立てを使えるのなら、
遠慮することはありません。

 

雨の日の就活に持参すると良いモノ

面接に行く時の雨対策として、
持参していると便利なものをチェックします。

【タオル】

洋服、カバン、傘、靴などを
拭くのときに必須です。

 

【靴下やストッキングの予備】

濡れたままで気持ち悪いのであると安心です。

Sponsored Link
 

【クリアファイル】

書類を濡らすことがないように予備を持参しましょう。

 

【ビニール袋】

濡れたタオルなどカバンに入れる時などに便利です。

吸水機能のある傘カバーの他にも、
このようなモノを持っていると助かることもあります。

靴やカバンは、防水タイプを選びます。
防水スプレーを使っておくとさらに安心です。

 

面接時の傘の置き方

傘立てがなく、傘の置き場所がない場合ですが、
長傘の場合はきちんと数滴を拭いてベルトで締め、
カバンと一緒に持ちます。

面接中は、カバンに横に置くようにします。

この時、傘の先端を面接官の方に
向けない
ようにします。

傘が濡れていると床を汚すことになるので、
しっかり水滴を拭き取るようにしましょう。

傘を面接時まで持ち込むことを考えると、
傘の色やデザインは、スーツとの調和を考えて、
シックなものを選ぶ方が良いです。

黒や紺じゃなくても良いですが、
赤やピンク、黄色などは控えるようにします。

【雨の日のマナー】

 

まとめ

就職活動は、面接以外にも、
企業を訪問する機会も多いので、
雨に降られることもあるでしょう。

傘をきちんと扱えるように
心構えしておくと役に立つこともあるのでは。

傘に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!