傘のサビ汚れを作らない方法!錆びの落とし方や保管方法を大公開!

この記事は3分で読めます

1本500円くらいのビニール傘は、
汚れたり壊れたリしても気にならないかも。

外出先で急な雨に降られた時などには、
便利なビニール傘ですが、
大切に使おうという意識を持つのは、
ちょっと無理がありますよね。

でも、お気に入りのデザインの傘なら
キレイな状態で使いたいと思います。

安いビニール傘なら、
壊れたリ、サビ汚れがひどくなれば
簡単に捨ててしまう方でも、
知っておきたい、サビの落とし方から
傘のお手入れ方法をご紹介します。

Sponsored Link

傘のサビ汚れの原因

傘は、中棒や骨の部分に金属の素材を
使っているものが多いです。

木製や和紙で作った和傘でも、
部品には金属を使っているものも増えています。

使っている素材は、
スチール、アルミ、カーボンなどがあります。

日傘専用に使う傘じゃなければ、
雨に濡れる前提で作られているので、
サビにくい加工がされています。

それでもサビ汚れができてしまうのは、
濡れたままの傘をそのままにしているからです。

濡れたままの傘は、
すぐにベルトで締めずに、
しっかり乾かすようにします。

帰宅後に、すぐにベルトをして
玄関の中に置いておくと、
サビ汚れが発生しやすくなります。

 

傘の錆びない方法は乾かす!

雨の日に帰宅した時は、
軽く滴を外で落とします

玄関の中に入れる場合は、
タオルで軽く拭きとります。

そして、雨が上がった時に
広げて乾かしておくだけで、
サビ汚れの予防になります。

傘を広げて乾かす場合は、
直射日光に当てて乾かす必要はありません。

強い陽射しは傘の布地の部分を傷ませたり、
色褪せの原因になるので、
陰干しをするようにしましょう。

傘にはもともと撥水加工がされていますが、
長く使っている傘で、
撥水性が弱くなっていると感じたら、
しっかりと乾燥させた後
撥水スプレーを使いましょう。

Sponsored Link
 

傘の保管方法

雨が続く梅雨時期などは、
傘を使う度に、乾かすことも
難しいことがあります。

気が付いたら、お気に入りの傘のサビ汚れが
布地にまで広がってしまったらガッカリですね。

傘の骨の金属部分に
サビが出てきてしまったら、
サビを落とすクリーナーで落とします。

サビはヤスリなどを使って削ってから
サビ取りクリームなどを使うとキレイになります。

今はスプレーをシュッとするだけで、
サビを落とせるグッズもあります。

金属部分のサビを防いでおけば、
布部分にサビ汚れが広がることもありません。

ただし、傘を保管する玄関が
ジメジメしていてカビが生えやすいと、
しっかり傘を乾かしても
カビが生えることがあります。

布地の部分に白や黒の点々が出てくるようなら
カビ汚れなので、簡単に落とせませんので
玄関の湿気取りを適度に行いましょう。

【サビ取り職人】

 

まとめ

傘のサビ汚れをそのままにして使っていると、
手や洋服にサビが付いてしまうことがあります。

だらしない感じに見えるので、
自分の品格を下げないためにも、
キレイな傘で雨の日を過ごすようにしましょう。

傘に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!