スポーツ保険の団体割引など比較しよう!レジャーの季節に必需品!

この記事は2分で読めます

スポーツ保険というのは、
テニスやゴルフなどのスポーツ時のケガや、
スポーツに必要な用品の補償をするものです。

団体割引で加入できるスポーツ保険など、
レジャーを安心して楽しむためには、
必要なものだと思います。

いざという時に困らないために、
スポーツ保険の比較をしてみましょう。

個人で入った方がいいのか?
団体は何人くらいから入れるのか
についてもお伝えしていきます。

Sponsored Link

スポーツ保険を扱う保険会社

スポーツ保険として、
幅広いスポーツを対象にしている保険と、
ゴルフ保険、スキー保険などと
限定している保険
があります。

競技別のスポーツ保険は、
個人単位で加入するものなので、
団体になるとレジャー保険という
保険の扱いが多くなります。

現在は、保険会社の多くが扱っています。

自動車保険や火災保険を
主とする損害保険会社なら
団体での加入も可能となっています。

個人で加入するすることも、
短期(1日~)で加入することもできます。

 

ボランティア活動でも必要なの?

スポーツ保険の掛け金(保険料)
100%掛け捨てになります。

そのため、営利を目的にしないイベントでは、
加入する必要性に疑問を
感じてしまうこともあります。

ボランティアで集まるイベントの場合は、
参加者の自己責任が基本と言われていますが、
万が一の事故が起こった場合には、
責任問題が生じてしまうこともあります。

念のための保険加入は必要でしょう。

Sponsored Link
 

団体割引の適応は何人から?

スポーツ保険、レジャー保険というのは、
個人単位で加入するよりも
団体の方が安くなります。

団体加入の単位は、
各保険会社によって違うのですが、
10人単位、20人単位が一般的です。

10人以下の参加者のイベントには、
団体が適応にならない保険会社もありますが、
4人以上なら加入できるものがあります。

一般的な保険会社ではなく、
公益財団法人スポーツ安全協会の保険です。

スポーツ安全協会のスポーツ安全保険は、
昭和45年に設立された公益法人です。

  • ボランティア活動
  • 文化活動
  • レクリエーション活動
  • 地域活動

など、4人以上のアマチュアの団体が加入できます。

  • 町内会
  • 子供会
  • 少年野球
  • ママさんバレー
  • PTAのイベント
  • 放課後の子供たちの学童保育

など、幅広い活動で加入できる補償です。

1年間の掛け金は800円~です。
とても安い掛け金となっています。

営利目的でのイベントでは加入できないので、
イベント開催者が営利目的なら、
一般の保険会社のレジャー保険やイベント保険に
加入することになります。

損害保険会社を比較できるサイトで、
(比較.com、保険市場、保険スクエアBang!)
一括で資料請求すると楽ですよ。

ただ、一度資料請求すると、
その後のDMや案内メールが
しつこく届く可能性もあるので、
大手の保険会社を絞り込んで
比較することをおすすめします。

 

まとめ

スポーツ保険の加入は、個人個人が
加入していれば安心なのは間違いないですが、
地域の運動会などは、ケガの
こととかあまり考えないと思います。

団体で加入しているか、
事前にチェックしておくと安心ですね。

1日保険に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!