下駄箱カビ対策で大切なクツを守ろう!カビの原因と除去方法も公開

この記事は2分で読めます

カビが家の中の各所に発生することは、
気密性が高くなった現在の住宅では増えていて、
カビ対策に困っている方も
多いのではないでしょうか。

洋服タンス、クローゼット、
押入れの中などとともに、
下駄箱のカビ対策もこまめにしておきましょう。

そこで今回は下駄箱のカビの原因や対策から
除去する方法までお伝えしていきます。

Sponsored Link

下駄箱にカビが生えてしまう原因

下駄箱は、玄関に設置されている家庭が
ほとんどだと思います。

日本では、家の中では靴を履きませんから、
帰宅した時に脱いだ靴は玄関に置いておくか、
下駄箱に入れますね。

この時、靴の中が汗で湿っていたり、
靴底が濡れているままで下駄箱に入れてしまうと、
下駄箱の中はカビの巣窟になります。

カビは、皮脂や汗などを栄養にして繁殖します。

洋服は洗濯をして清潔にしてから保管すると、
カビの繁殖リスクが低くなります。
しかし、靴は履くたびに洗いませんので、
下駄箱はカビの繁殖リスクはとても高いのです。

 

下駄箱のカビを除去する方法

下駄箱の中のカビ対策をサボってしまい、
靴にカビが生えてしまった・・。

そんなことになったら、
今後も靴がカビだらけになる危険があります。

一度、しっかりと下駄箱の
カビを除去
しましょう。

木製の下駄箱を使っている場合は、
表面のカビだけを拭き取っても、
カビは木材の中に入り込んでいます。

変色してしまう危険があるので、
外側に殺菌作用のある洗剤を使うのは
控えるようにして、内側の掃除を徹底します。

使用するのは、消毒用のエタノール
台所で使用する漂白剤です。

漂白剤は、カビの汚れも落としますが、
木材の色を変色させる危険もあるので、
見えない部分だけにしましょう。

漂白剤は500mlのペットボトルに
キャップ3分1を入れて薄めて使用します。

スプレーに移し替えた方が使いやすいです。

消毒用のエタノールはそのまま使えますが、
漂白剤を使ってカビを取り除き、
しっかりと乾燥させてから使います。

換気をしながら掃除してくださいね。

 

下駄箱のカビ対策

下駄箱の中に一度でもカビが生えてしまうと、
その後もこまめにカビ対策をしなければ、
また靴がカビだらけになる危険があります。

カビ対策をしっかりしましょう。

まず、下駄箱に靴を入れる前に、
靴に除菌スプレーを使い、
乾かしてからしまいましょう。

ブーツなど、季節限定でしか使用しない靴は、
新聞紙など湿度を吸収するものを詰めて、
2ヶ月~3ヶ月に一度は入れ替えます。

下駄箱用の防カビ剤や除湿剤を使うといいですよ。

【下駄箱のカビを除去】

 

まとめ

玄関は、防犯のために
開けっ放しにはできませんが、
時々は風通しを良くして、
玄関に湿度がこもらないように
換気することも必要です。

下駄箱の中がカビ臭いような時は、
早めにカビ取りしてお気に入りの靴を守りましょう。

カビに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!