腹巻する子供はお腹が弱くなる?体に悪い理由を知り正しい方法を

この記事は2分で読めます

腹巻男子、腹巻女子が増殖中ということで
大人の腹巻人口は増えているようです。

腹巻というと、小さなお子さんが
お腹を冷やさないようにするもの。

もしくは、お腹の弱い中高年の男性の
アイテムのような気がしていました。

腹巻に対するイメージもずいぶんと
変化してきたのでしょう。

しかし気になることもあります。

子供の頃から腹巻をする習慣があると
お腹の弱い体質になってしまうとか。

その真相を探ってみました。

Sponsored Link

腹巻は子供に必要なのか?

腹巻はお腹を温める効果があります。

そのため、冷えることで
お腹を壊してしまうのを
予防するためには有効なアイテムです。

大人の場合は寝ている時でも
それほど衣類が乱れることもなく、
眠っていても「寒い」と感じれば
布団をかけ直したりできます。

しかし子供の場合は
寒くても暑くて
自分で寝具を調節することができるのは
ある程度成長してからです。
yjimage
小学校の低学年らいまでは
なかなか自分で調節することは
できないと思います。

子供に腹巻をすること
必ず必要というわけではありませんが、
眠っている時によく布団を蹴飛ばしてしまう
寝相の悪いお子さんには良いと思います。

 

子供に腹巻をする時の注意点

小さな子供は食べ物や飲み物の変化や、
体温の上下でもお腹の調子が悪くなることも
珍しくありません。

腹巻はお腹の動きを悪くする原因となる
冷えを防ぐのですが、
子供に腹巻を使う場合はいくつかの注意点
あるのでチェックしておきましょう。

・素肌にそのまま着けないこと

・長時間の着用は避けること

・汗ばんでいないかチェックすること

この三つの注意点を確認してください。

赤ちゃんや幼児は肌がとてもデリケートで、
すぐにかぶれ湿疹汗疹ができるので、
長い時間の腹巻着用によって
皮膚疾患を起こしてしまうと大変です。
yjimage
眠っている間だけ使い、
もしも汗で湿っているような時は
キレイに汗を拭きとって
通気性を確保してあげてください。

 

お腹を過保護にしない

腹巻には常習性があるというのは
聞いたことがある方もいるかも知れません。

ずっと温かく保護された状態なので、
それがないと途端に弱くなるということ。

これは諸説ありますが、
子供の頃からずっと腹巻をするクセがあると
心因的に頼る傾向があるのです。

腹巻をしていないだけで
すぐに下痢をしてしまうほど
腸が温度に過敏になることはありませんが、
腸は精神的なことで反応することがあります。
yjimage
腹巻をしていないけど大丈夫かな?」と
不安になることがお腹を壊す原因を
引き起こすとも考えられるのです。

 

まとめ

子供の頃に腹巻をするのは
寝れいる間の体温の低下を
防ぐことには有効だと思いますが、
日中もずっと腹巻を着けたままにして
過ごすようなことは避けたい方が良さそうです。

子供は大人よりも体温調整が
上手にできないので、
腹巻は上手に使えばメリットもあります。

こまめに様子をチェックしながら使えば、
お腹の弱い体質になる心配はないのです。

寒くなる季節には、腹巻で温かくして
ぐっすり眠れるようにしてみましょう。

 

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!