マスクを顎の下にずらしてかけるのはマナー違反の自覚なし?

この記事は2分で読めます

マスクをするのは、
花粉症を予防するためにしている人の方が
多くなる季節があります。

2月中旬くらいから4月くらいまでは、
花粉症のためにマスクをする人が多いですよね。

でも、この時期ってまだまだインフルエンザの
流行も油断できない季節です。

自分は花粉症のためだけにマスクを
している
から、顎の下にずらしていても
特に問題はないと思っているかも知れませんが、

本来のマスクも目的を知っている人にとって、
顎の下にマスクをずらして
かけているのはマナー違反
と感じることも。

しかも、顎の下にマスクをずらすことは、
マナー云々の他にも、デメリットがあるのですよ。

Sponsored Link

マスクを顎の下にずらす理由

せっかくマスクをしているのに、
顎に下に引っかけていることが多い人は、
どうしてきちんとマスクを着用しないのでしょう。

その理由をあげてみます。

 

息苦しくなってしまう

ジョギングをしたり、
早歩きで歩いている時などに
マスクで息苦しくなるのはわかります。

 

マスクの中がクサイ

口臭が原因でマスクの中が臭うと、
鼻を出してマスクを顎の下にずらしたくなるかも。
ニオイの強いものを食べた後もありがちです。

 

メガネが曇る

マスクをすると、メガネが曇るから、
マスクを顎の下に引っ掛ける人がいますが、
意味がありません。

曇らないマスクにするか、
曇り止めをレンズに塗ればいいのに。

 

声がこもってしまう

今のマスクは、会話の妨げになることは
ほとんどないのに、人と会話する時に
つい伝えようとする気持ちが強くなって、
マスクを顎の下にずらす人がいます。

マスクをずらすよりも、
滑舌よく、ハッキリ話せば良いだけのこと。

マスクを顎の下にひっかける人は、
無意識にしていることが多いと思います。

理由として考えられるのは
以上のようなことですが、
思い当たる人は、注意した方が良いと思います。

周囲の人は「なぜ?」と
不思議に思っているかも。

 

マスクを顎の下にひっかけるリスク

マスクを長い時間着けていると、
無意識のうちに顎の下にずらすことは、
誰でも一度や二度はあると思います。

もしも風邪をひいていたり、
インフルエンザにかかっていたりして、
他の人にうつさないためにマスクをしているのなら、
人前では正しくマスクを装着しておきましょう

飛沫感染を防ぐために使うのが、
マスク本来の使用目的なのですから、
人前で簡単に下げない方のがマナーです。

マナー以外にも自分自身にもリスクがありますよ。

Sponsored Link
 

顎マスクのリスク

マスクで保護されている部分じゃなく、
外気にさらされているところにマスクをずらすと、

花粉や大気汚染物質などが、
マスクの内側に付着して、その後、
マスクをもとの位置に戻すと、
マスクをしている意味がなくなってしまいます。

外部からの有害なものを
防ぐためにマスクをしているのに、

まったく意味のないことになってしまいます。

それ以外にも、マスクを顎の下にずらして
皮膚を摩擦することで、ニキビや肌荒れなどを
起こしやすくなる原因を作ることも。

注意しましょう。

 

まとめ

マスクは正しく装着しなければ、
意味がないのはもちろんですが、
周囲の人から冷たい視線で見られるかも知れません。

無意識で顎の下にマスクが下がっている!
気をつけましょう。

マスクに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!