自己免疫疾患は治療しても完治しない病気だって知っていますか?

この記事は2分で読めます

免疫力を高めようとか、
免疫力を強くするための方法とか、
最近よく見聞きする免疫という言葉。

免疫というのは、
外部から入り込む有害なものに対して、
身体の中でブロックしようとする機能のことです。

免疫が働かないと、
細菌とたたかうことができないので、
生きていくことができないほど大切な機能です。

ところが、その免疫が異常を起こすのが
自己免疫疾患という病気です。

自己免疫疾患といっても、
その病気の種類は数えきれないほどあります。

しかも、怖いのは
自己免疫疾患を一度発症すると、
治療しても完治することはありません。

厄介な病気なのに、
意外と知らない人が多いのですよ。

Sponsored Link

自己免疫疾患とは

自己免疫疾患は、アレルギーの仕組みとよく似ています。

アレルギーは、原因になるアレルゲン物質が
体内に入り込んだ時に、免疫機能が過剰に反応して、
アレルギー反応の原因になる抗体を大量に作るので、
発作のような炎症を起こします。

免疫機能が過剰に反応する原因は、
はっきりわかっていませんが、
免疫機能に何らかの異常が起こることが
アレルギーを起こします。

自己免疫疾患は、アレルギーのように、
何か外部から体内に入り込んでもいないのに、
自分の体内を攻撃する抗体を作り出してしまう病気です。

なぜ自分の体内を攻撃する抗体を作り出すのか、
その原因はわかっていません。
自己免疫疾患の病気は沢山ありますが、
そのほとんどが原因不明です。

自己免疫疾患として一般的に知られている病気は、
関節リウマチなどを起こす膠原病や、
甲状腺に炎症を起こすバセドウ病や橋本病などがあります。

 

自己免疫疾患は完治しない

自己免疫疾患は、
原因がほとんどわかっていないので、
根本的な治療をすることが難しいのです。

原因となる抗体を抑える薬が
開発されている病気もありますし、
抗体が攻撃して起こす炎症を抑えるだけの病気もあります。

Sponsored Link
 

症状が治まったとしても、
自己免疫疾患は完治しないのは、
いつまた、自分の免疫機能が暴れ出して、
攻撃を始めるかわからないからです。

自己免疫疾患の治療が上手くいって、
薬も必要なくなった状態が続けば、
完治したと思ってしまいそうですが、

自己免疫疾患の場合は、
完治ではなく寛解といいます。

寛解の状態が何年続いても、
定期的に検査をする病気が多く、
自己免疫疾患は長く付き合っていかなければいけません。

【女性に多い自己免疫疾患】

 

まとめ

自己免疫疾患には色々な病気がありますが、
医療が進化しても、原因がはっきりしない病気が多いです。

治療法は画期的に進化しているようですが、
完治しない病気ということは厄介ですよね。

自己免疫疾患の発症数が
多くなっているというデータもあるので、
現代人の生活に、何か関連があるのかも知れません。

自己免疫疾患に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!