大掃除の収納のコツ!いるものと捨てるものをわけて工夫する方法

この記事は3分で読めます

Sponsored Link

大掃除しながら収納を見直すのが、
一番家が片付く方法ですよね。

その中でもクローゼットと、
キッチンは一番収納を綺麗にしたい
場所ではありませんか?

キッチン・クローゼットが
スッキリすればかなりお部屋の
見栄えも変わってきます。

そこで、今回は収納のコツについて
お伝えしてきます。

大掃除で捨てるコツ

家に物が溢れている、
なかなか片付かないという人は
捨てるコツがつかめていないのかもしれません。

いる、いらない物を
素早く判断できてるか。

判断基準を迷わないで
しっかり持っているか。

捨てるコツとは、

  • いる物
  • いらない物
  • 迷っている物

に分けて、迷っている物は
どうして迷っているか理由を考えてみると、
どうして捨てられないかがわかってきます。

参考:年末の大掃除は断捨離とは違うの?意味を知り適切なやり方を!

 

迷っている理由

迷っている理由手放せない物
理由はなんでしょうか?

  • 高かった
  • 思い出がある
  • いつかは使うだろう

色々な理由はあるでしょうが、
収納スペースはかぎられています。

「いる物」の理由と
共通しているかよく考えてみましょう。

大掃除がどこから手をつけるか
わからない場合はこちらをご参照ください。

参考:大掃除ってどこから手を付ける?スケジュールを立て年末もスッキリ

 

クローゼット収納

まずは、
クローゼットの収納について
お伝えしていきます。

 

1:クローゼットにある服を全部出す

後でいる、いらない物を分ける為、
種類ごとに分けておくと便利です。

 

2.クローゼットの中を掃除する

普段かかっている掃除しにくい
ハンガーバーなどを丁寧に拭きます。

クローゼットの中に服が
全部なくなった時クローゼットの
中を乾燥させましょう。

 

3:いらないものを処分

1年以上着なかったものや
くたびれているものを処分していきます。

迷っている物は、いる物を見て
判断すればいいのではないでしょうか?

 

4:収納

セーターなどの上着、ジーンズなどは、
はき物に分けて収納します。

かさばるセーター類はたたみ方も大切です。

 

キッチン収納

次にキッチンの収納について
お伝えしていきます。

Sponsored Link

 

1:キッチンの動線を考える

無駄な動きが発生しないように、
調理器具を収納する場所を決めましょう。

 

2:収納場所を決める

ボウルやザルなどシンクで
使用する事が多い物はシンク下に、
フライパンなどはコンロ下に収納
するのがいいです。

お鍋ややかんはコンロを使用する為、
コンロ下と思いますが、水を入れて
使用する事が多い為シンク下の方が
動きに無駄がなくなります。

 

3:使用頻度が高いものを収納

使用頻度を考え包丁菜箸など
使用頻度が高いものは使いやすい
場所に置きます。

吊るしてみたり可愛い容器に
いれてみるのも手です。

 

4:使わない物を処分

掃除をしていると、
使わないものも出てきます。

思いきって処分しましょう。

キッチン用品は汚れやすいので、
汚れの目立つ物は大掃除の時に
買い換えるのも手です。

 

【収納アイデア集】

 

まとめ

大掃除はホコリを取るだけでなく、
改めて収納方法を見直すいい機会です。

捨てられない人は捨てられない理由を
よく考えて捨てるコツをつかみましょう。

特に一人暮らしの方は大変ですので、
しっかりとスケジュールを組みましょう。

参考:一人暮らし部屋の大掃除!順番や手順を知り年末のヤル気もアップ

大掃除と一緒に収納もすれば
気持ちよく新年も迎えられます。

大掃除に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

 

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ