マスクは風邪予防に効果なし?マスクの着け方に問題があるの?

この記事は3分で読めます

マスクをしている人は、
季節によっては花粉を防ぐ目的で
着けている人が多くなりますが、

一番は、風邪予防など、
ウィルスに感染しないように、
疾病予防の目的でマスクを使っている人が
多いのではないでしょうか。

私は定期的に検査のために、
病院に通院しているので、
元気な時でも必ずマスクを着けていきます。

でも、マスクは風邪予防の効果には、
あまり意味がないという説もあるんですよね。

マスクの風邪予防効果とはどの程度なのか、
調べてみましたよ。

Sponsored Link

マスクの風邪予防効果

マスクで風邪予防、インフルエンザ予防などに
効果があるのか、その真相ですが、
残念ながら、一般的な使い捨てマスクでは、
ウイルスの侵入を防ぐことはできません

一般的なマスクの素材の隙間とウイルスの大きさ
比較してみると、ラクラクすり抜けます。

しかも、マスクを装着しても、
鼻や顎の凹凸で隙間ができるので、
そこからどんどん侵入してしまいます。

ですから、

マスクをすれば風邪予防ができるというのは、
ちょっと無理があるのです。

 

 

マスクを装着する意味は?

病院に行くと、医師や看護師などは、
マスクをずっと着けていますよね。

予防の効果があるから、

マスクをしているのでは?と思いますよね。

医師や看護師が着けているマスクは、
医療用として作られているので、
特殊なフィルターを使っていたりします。

 

もしも、風邪予防の効果のあるマスクが欲しいなら、
医療用のマスクを使うのも良いアイデアでしょう。

しかし、医療関係者がマスクを着ける目的は、
予防のためでもありますが、
一番は、ウイルスの拡散を予防するためです。

様々な患者が訪れる医療機関では、
どんなに注意していても、
風邪やウイルスに感染することもあります。

感染してから、潜伏期間もありますので、
病気で抵抗力の弱くなった来院者や入院患者に
感染を広げてしまったら大変なことです。

マスクは、くしゃみや咳などで
ウイルスをまき散らすことを防ぐ効果が一番大きいのです。

空気感染よりも、くしゃみなどで飛沫感染する方が
感染を広げると言われているので、
マスクはウイルスの拡大を防ぐ効果はあるわけです。

Sponsored Link
 

マスクを義務にして欲しい

私の個人的な意見ですが、
人ごみでもくしゃみや咳をする時に、
口や鼻を隠さない人がまだまだ多くいます。

病院に行っても、
「いかにも風邪ひいてるぞ」

という人が、マスクも着けずに、
くしゃみや咳をしているのを見かけると、
私は近くに寄らないように注意します。

高齢の方は、マスクをすることが少ないのかも。

高齢の方こそ、抵抗力が弱くなっているので、
ぜひマスクを着けて欲しいと思います。

【マスク効果】

 

まとめ

マスクの風邪予防効果についてご説明しましたが、
まったく予防効果がないわけじゃないですよ。

マスクを着けていると、
鼻や喉の粘膜が保湿されるので、
ウイルスがつきにくくなります。

無意味ではないのですが、
これで完璧!ってことはないので、
マスクをしていても、
「手洗い」と「うがい」は忘れずに。

マスクに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!