セルフメディケーション税制は住民税の減税にも?計算シミュレーション!

この記事は2分で読めます

セルフメディケーション税制がスタートしてから、
今まで何気なく買っていた市販の薬が、
節税になるということで、納税義務のある人は、
興味を持たないわけにはいきません。

セルフメディケーション税制は、
所得控除になるので、
サラリーマンの方なら還付の対象に、
事業をしている方には所得税が軽減されます。

では、住民税はどうなの?ということで、
セルフメディケーション税制の
税控除の計算シミュレーションをしてみましょう。

Sponsored Link

セルフメディケーション税制の仕組み

セルフメディケーション税制の仕組みに関しては、
詳しい仕組みを説明している記事がありますので、
そちらを見ていただいてもいいのですが、
ザックリと仕組みをご説明しましょう。

セルフメディケーション税制は、
健康のために一定の取組(健康診断など)を受けていて、

スイッチOTC医薬品の購入額が
年間12000円を超えた場合
12000円を超えた金額を
上限88000まで所得から控除する制度
です。

従来の医療費控除とは別の制度ではありますが、
併用はできないので、病院に通院することが多いと、
従来の医療費控除の方が
控除額が多くなることもあります。

それぞれのケースで、より控除額が
多くなる方を
選ぶことができます。

セルフメディケーション税制による所得控除を
受けるには、確定申告が必要になります。

 

所得控除と住民税

セルフメディケーション税制によって
所得から控除されると、
所得税が控除になります。

所得税の課税率は、
所得金額によって違います。

所得控除によって所得税が軽減されると、
住民税の算出のための所得金額も変わってきます。

所得税と住民税の両方で控除されることになるのです。

 

シミュレーション

では、セルフメディケーション税制によって
所得控除を受けると、どのくらい節税になるのか、
具体的なシミュレーションをしてみます。

課税所得額は195万円超え330万円以下、
所得課税率10%を例にしてみます。

対象になるスイッチOTC医薬品の購入金額が
年間10万円だと仮定して計算してみます。

Sponsored Link
 

所得税の減税額

控除額100000-12000円×所得税率10%

所得税は8800円の減税になります。

 

住民税の減税額

控除額100000-12000円×個人住民税率10%

住民税8800円の減税になります。

合計17600円の減税になるわけです。

実際には、市販の薬を年間10万円も購入することは
あまり考えられないと思います。

しかし、

私が自分の家庭の医療費を計算してみると、
全ての医療費で11万円くらいですが、
その中の5万円くらいは市販の医薬品の購入金額でした。

そう考えると、控除額は大きくなる可能性は
十分にあると思っています。

【セルフメディケーション税制とは】

 

まとめ

セルフメディケーション税制は、
2018年2月16日~3月15日の確定申告によって
控除を受けることができます。

それまでに、薬を買った時のレシートは
大切に保管するようにしておきましょう。

セルフメディケーションに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!