セルフメディケーション税制の注意点を知らなきゃ損することも!

この記事は2分で読めます

私は頭痛もちで、
鎮痛剤がいつも家に常備しています。

以前は、バファリンとかイブとか、
色んな種類の鎮痛剤をイロイロ使っていましたが、
この頃は、ずっとロキソニンです。

以前はロキソニンは医療機関でしか
処方されない鎮痛剤でしたが、

医療用から転用されたスイッチOTC医薬品として、
ドラッグストアでも買えるようになってからは、
ずっとロキソニンです。

今回、2017年1月から始まった
セルフメディケーション税制は、
ロキソニンのような医薬品を買う機会が多い私には、
知らないと損をします。

いくつかの注意点があるので、
セルフメディケーション税制について
これから情報を集める方は参考にしてください。

Sponsored Link

セルフメディケーション税制の注意点

セルフメディケーション税制の仕組みは、
医療費控除とは別に設定された、
特例の医療費控除です。

注意点として、一番重要なことは、
従来の医療費控除の制度とは別なので、
併用できると勘違いしてしまうことです。

医療費控除は、病院に支払う医療費や、
一般の市販薬を治療目的に購入した費用など、
全てトータルで計算することができます。

病院に通院する交通費も含めることができます。

一方のセルフメディケーション税制は、
冒頭にも申し上げたように、
スイッチOTC医薬品として販売されている
特定の市販薬も購入金額が、
一年間で1万2千円を超えた金額が、
上限8万8千円まで、所得から控除されます。

単純に一年間にスイッチOTC医薬品を
10万円分購入すると、
8万8千円が所得控除される制度です。

病院にはほとんど受診していないけど、
市販の薬を多く使用している方には、
節税になることがあるのです。

どっちも使えるというわけじゃないので、
注意点としてチェックしておきましょう。

 

セルフメディケーション税制の落とし穴

セルフメディケーション税制には、
従来の医療費控除との併用が
できないという注意点の他にも、
注意しておきたいことがあります。

Sponsored Link
 

それは、健康管理、疾病予防のために
一定の取り組みをしていることが条件になります。

例えば、我が家では、
個人事業主なので、
職場での健康診断はありません。

自分で自治体が行う
特定健診やがん検診を利用していないと、
その対象にならないのです。

他にも予防接種などもあるので、
難しい取り組みではないのですが、

個人事業主の方で、健診も
インフルエンザの予防接種もしない
と、
セルフメディケーション税制の対象になりません。

【セルフメディケーション税制とは】

 

まとめ

セルフメディケーション税制のことは、
確定申告をしている人や、
医療費に毎年10万円以上の支払いがある人などは、
興味を持っている方も多いでしょう。

しかし、今まで医療費控除のことなんて
まったく知らなかった人こそ、

この制度でメリットを
受けることができる可能性があるので、
ぜひチェックしておきましょう。

セルフメディケーションに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!