セルフメディケーション税制が開始されました!損しないために概要を理解しよう

この記事は2分で読めます

平成29年から開始された
セルフメディケーション税制ご存知ですか?

何それ?
税金に関すること?
私には関係あるの?

とまだご存知ない方は
かなりもったいないです。

このセルフメディケーション税制は、
知らないと損する可能性があるので、
概要をチェックしておきましょう。

Sponsored Link

セルフメディケーション税制とは

セルフメディケーション税制というのは、
医療費控除の特例制度として、
平成29年1月1日から
期間限定で始まった制度です。

セルフメディケーションとは、
自主服薬という意味です。

なぜこの制度が開始されることになったのか、
その経緯については、日本の
抱えている社会問題があります。

世界的にみても、日本は先進国の中で
もっとも早いスピードで
超高齢化社会を迎えています。

テレビのニュースなどでも、
盛んに高齢化問題に関することは
取り上げられています。

それに伴って、
医療費が国家財政を圧迫しています。

医療費の中でも、薬剤の占める割合
非常に高くなっています。

たしかに、

風邪をひいた時などに診察代を除くと、
処方される薬は、薬局で売っている
市販薬よりも安いです。

そのため、市販の薬を買うよりも、
病院に行くことを選ぶ人もいます。

セルフメディケーション税制は、
市販されている薬の中から指定された医薬品
購入金額が一定の金額を超えた場合に、
所得控除の対象になるという制度です。

市販薬で症状が緩和されるようなケースでは、
国家財政の医療費圧迫の打開策として、
市販薬の使用を推進しようという狙いがあるわけです。

Sponsored Link
 

セルフメディケーション税制の概要

セルフメディケーション税制の開始になる前にも、
医療費控除という制度はありました。

一年間の医療費が10万円を超えた場合は、
所得控除されてきました。

扶養家族がいれば、
子供や配偶者などにかかった医療費も
全てトータルして10万円を
超えれば控除の対象になりました。

しかしセルフメディケーション税制の場合は、
対象になる市販薬の金額が12000円
超えた金額が控除対象になります。

10万円を超える自己負担分の医療費というのは、
そんなに対象になることもないのですが、

12000円なら、1200円の薬を
10回以上購入すれば、
対象になるので、
かなり多くの方が所得控除される可能性があります。

開始されて間もない段階では、
まだ知らない人も多いので、
対象になる医薬品を買ったとしても
レシートを捨ててしまっているかも知れません。

勿体ないことになるので、
薬を買った時は、とりあえずレシートは捨てないで、
保管しておくようにしましょう。

【セルフメディケーション税制Q&A】

 

まとめ

セルフメディケーション税制の開始により、
今まで医療費控除に関係ないと思っていた人も、
知らないと損してしまう恐れがあります。

対象になる医薬品のことや、
税制の仕組みについても
今後チェックしていきますので、
参考にしていただきたいです。

セルフメディケーションに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!