寝る時にマスクってどんな効果があるの?メリットとデメリットを見てみよう!

この記事は3分で読めます

乾燥した季節には、
朝起きた時に喉がカラカラになっていて、
とても不快な目覚めになることもありますね。

鼻呼吸できていない人は、
とくに喉の痛みがひどくなります。

しかも乾燥した季節は、
インフルエンザなどのウイルスが元気です。

乾燥した喉にウイルスが付着しやすいので、
部屋の中の乾燥を防いで寝るのも効果があります。

では、寝る時にマスクを
するのはどうなのでしょう。

今回は、そのメリットと
デメリットについて見てみましょう。

Sponsored Link

寝る時にマスクをするメリット

マスクには、花粉や
ホコリなどを防ぐ防護効果と、
喉や鼻の粘膜を保湿する効果があります。

そのどちらの効果も
乾燥している時には有効
です。

眠っている間には、
喉を潤すこともありません。

いびきをする人は
口呼吸している可能性が高いので、

喉が無防備になりますから
寝る時にマスクをすると、
喉を保湿して守る効果が期待できます。

風邪をひいてしまった時や、
花粉症の時期で鼻が詰まっている時には、
どうしても口呼吸しやすいので、
マスクが役に立ちます。

他にも、こんな効果も。

  • 肌や唇の乾燥を防ぐ効果がある。
  • 気温が低い季節は保温効果がある。

 

寝る時にマスクをするデメリット

マスクをしたまま寝ることは、
便利な点が数多くあるのは
間違いありませんが、

メリットばかりではなく、
デメリットとなることも。

まずは、マスクをしたまま寝るのは、
安眠を妨げることになる可能性があります。

これは、マスクのサイズや形状に問題があり、
耳が痛くなったり、肌がこすれたリすることで、
睡眠が邪魔されるかも知れないからです。

寝る時にマスクをしていても、
無意識に外してしまう場合は、
眠りを邪魔されているかも知れません。

違和感なくつけられるマスクを見つければ、
この問題はクリアできると思いますが。

他にも、

  • 肌が摩擦されて荒れるかも知れない。
  • ニキビが増えるリスクがある。

このようなデメリットが考えられます。

とくに女性の場合は、小さめのマスクで
頬や目の下などのデリケートな皮膚に触れて、

肌が過敏になるかも知れないので、
マスクの素材には
注意する必要があるかも知れません。

Sponsored Link
 

もう一つのメリットも

マスクをしたまま寝ることは、
喉や鼻を守る以外にも、
じつは大きなメリットがあります。

それは、部屋の中を過剰に
保湿する必要がなくなる
からです。

乾燥しやすい季節には、
部屋の中に保湿器を置いて、
湿度を適度に保つことが
風邪予防に有効です。

でも、

眠っている時に部屋の中を保湿するのは、
じつは布団や枕などの寝具の中に
カビ菌が繁殖しやすくなり
ます。

布団などを毎日しっかり乾燥させて、
カビの繁殖を防ぐことができればいいですが、
毎日のことになるとなかなか大変ですね。

寝ている時には、布団の中に入っているので、
保湿するのは喉と鼻を守れれば十分です。

部屋全体を加湿するのは、
リビングだけで良いわけですから、
カビ菌にまみれて眠るような
環境を作らないために、
マスクをして寝るのは効果があるわけです。

【マスクでも曇らない】

 

まとめ

寝る時にマスクをする
効果についてまとめました。

朝までマスクを
着けていたことが一度もないので、
私自身はマスクを邪魔に
感じているのかも知れません。

それでも、喉の痛みは軽減できるので、
カラカラに乾燥している時は
マスクに頼っていますよ。

朝の喉の痛みがツラい方は、
試してみてはいかがでしょう。

マスクに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!