口内炎にはちみつがいい?塗り方も簡単で悪化を防ぐ!

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

一度できてしまうと食事や会話すらも
ままならなくなってしまう、口内炎

しかも、自然治癒で治そうとすると
なかなか治らないので厄介ですよね。

そこで、みなさんに朗報があります!

口内炎には市販の薬よりも
ハチミツが1番効果があるようなんです!

いったいどういうことなのか、
詳しく見ていきましょう。

ハチミツが口内炎に効く?

もともとハチミツは、医学的に
鎮痛作用や傷などの炎症を抑制する
効果があることがわかっています。

しかし、

市販の薬よりもハチミツの方が
効果があるとはどういうことなのか?

サウジアラビアの学者の
医学実験がもとになっているようです。

どういう実験かというと、

口内炎がある94人(口内炎 計180個)を

  • ステロイド系軟膏で治療するグループ
  • 口内炎用パッチ(貼り薬)で治療するグループ
  • そしてハチミツで治療するグループ

と、3つのグループに分けて実験をしたようです。

 

この結果、軟膏やパッチも効果が
なかったわけではないようですが、
1番効果が見られたのはハチミツだったそうなんです。

ハチミツで治療したグループの方からは、

  • 口内炎が小さくなった
  • 炎症も軽く済んだ
  • 痛みが引くのが早かった

などといった意見が多く挙がったそうです。

軟膏やパッチで治療したグループは、
痛みが引くまで3~5日かかったようですが、

ハチミツで治療したグループはほとんどの人が
1日で痛みがなくなったと回答しているようなので、
かなり効果が期待できそうですね。

ただ、

効果に個人差もあると思いますので、
誰にでも効果があるとは言い切れませんが、
試してみる価値はあるかと思います。

関連:口内炎は栄養不足が原因?食事で予防するためのおすすめポイント

Sponsored Link
 

ハチミツの使用方法

口内炎に対するハチミツの
使用方法は、いたってシンプル。

毎回の食事の後に、患部に塗るだけ。

先ほどの実験では、

水を含ませた脱脂綿や
綿棒などを使って口内炎の患部をキレイに拭き、
そこに手ですくい取ったハチミツを塗り込む

という方法で、8日間にわたって
行われたそうです。

家にあるものだけですぐに
実践できそうな手軽さが良いですよね。

口の中に市販の軟膏などをぬると、
薬品の味が口の中に広がって、
不快な思いをしてきた方も多いと思いますが、

ハチミツであれば甘くておいしいのに
しっかり口内炎に効果を発揮してくれるのは
とてもいい情報ではないでしょうか。

 

まとめ

殺菌作用なども医学的に
認められているハチミツが、
口内炎にもしっかりと効果を
発揮してくれるということがわかりました。

しかも、

毎食後に患部に塗り込むだけなので、
手軽に実践することができそうです。

みなさんも口内炎になった時には、
ぜひハチミツを試してみてください。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ