中学生の男子が身長伸ばす方法!成長ホルモンを促す3つのポイント

この記事は2分で読めます

身長伸ばす方法として
骨の成長を促す栄養を補うサプリメントや、
ストレッチ方法などがあります。

しかし、そのほとんどが気休め程度で、
身長伸ばす方法として確かなものはないとか。

ホントにそうなのでしょうか。

確かに身長は
遺伝の要素も大きいものですが、

それだけで身長の高い低いが
決まるわけではないようです。

中学生男子は、まだこの先数年間は
成長ホルモンの分泌が盛んな時期になるので、

中学生の男子が身長伸ばす方法を
試すのは決してムダとは
言い切れないのではないでしょうか。

そこで、中学生男子必見
身長伸ばす方法を集めてみましたので、
ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

成長ホルモンを促す

成長ホルモンは、
思春期に多く分泌されますが、

特にこの時期だけに限定するものではなく、
大人になっても分泌されるホルモンです。

身長伸ばす方法としては、
成長ホルモンの分泌を抑えるようなことを
避けることが大切です。

中学生の男子には、成長ホルモンの分泌を
促進させるように

  • 睡眠
  • 入浴
  • 運動

の3つを意識してみましょう。

人間が睡眠する時間には
成長ホルモンの分泌が増えますから、
夜更かしはほどほどに。

そして、入浴を面倒に感じて
シャワーだけで済ませるのもやめましょう。

入浴をして自律神経をリラックスさせることは、
脳内物質の分泌に影響します。

運動は、成長ホルモンの
分泌を促進することは
医学的にも証明されていることなので、

インドアばかりで時間を費やし、
運動不足にならないようにしましょう。

身長伸ばす方法として有効な運動には
どのような運動が良いのかも
チェックしておきましょう。

Sponsored Link
 

有酸素運動と無酸素運動

運動には、筋力トレーニングなどの無酸素運動
ジョギングやウォーキングなどの
有酸素運動があります。

成長ホルモンの分泌を促すのは、
どちらの運動が効果があるのか、
その答えは、両方です。

有酸素運動をすると、
一酸化窒素の量が増加します。

それが血管を拡張させるので、
血液の流れを促進します。

そして、

適度な疲労感を感じる有酸素運動によって
成長ホルモンの分泌を促進します。

では、筋トレや坂道ダッシュなど、
筋肉に負荷を強くかける無酸素運動は、
乳酸という疲労物質を発生させます。

この乳酸が成長ホルモンの分泌に働くのです。

ただし、

無酸素運動をやり過ぎて
筋肉を発達させ過ぎると、
骨が成長しにくくなる傾向があるため、

無酸素運動のやり過ぎは
身長伸ばす方法として
逆効果になってしまうことがあります。

無酸素運動はやり過ぎず、
有酸素運動に対して、

8:2くらいのバランス
行うようにすると良いようです。

運動の最後にストレッチをすると、
筋肉とともに、骨を縦に伸ばすための成長
刺激することになるので、
ストレッチをすることも習慣としてみましょう。

 

まとめ

中学生の男子は、
身長の伸びの個人差が激しいので、
同級生たちとの差を感じて
焦ってしまうこともあると思います。

でも、

イライラしてストレスを感じると、
そのストレスが成長ホルモンの
分泌を邪魔する
ので、

焦らずに成長を促す
生活を心がけてくださいね。

身長に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!