マヌカハニーって抗がん剤治療を受けている間にも食べて平気なの?

この記事は3分で読めます

マヌカハニーは奇跡のような
万能なハチミツとして、
とても注目されている食品です。

健康を維持するためのサポートだけじゃなく、
強い抗菌力のあるマヌカハニーは、
病院で殺菌にも使用されるほどスゴイものです。

そんなに素晴らしいものなら、
病気治療中の人も試してみたくなると思います。

例えば、がんの治療のために、
抗がん剤の投与をしている間に、
マヌカハニーを食べることはどう影響するのか?

など、安全に利用できるのかどうか、
疑問もわいてきます。

抗がん剤治療中のマヌカハニーの
摂取
について、考えてみました。

Sponsored Link

マヌカハニーが抗がん剤に影響するのか

抗がん剤に治療を受けた経験がある人は、
抗がん剤の影響で免疫力が低下するので、
殺菌されていない生の食品は避けるように
指導されることがあります。

ただし、この生の食品というのが、
線引きが難しく、あまりよく
理解できない人も多いのです。

入院しながら抗がん剤治療する場合は、
食事のことで頭を
悩ませることもありませんが、

通院しながら抗がん剤治療が
受けられるケースも
かなり多くなってるので、
自分で管理するのは大変です。

抗がん剤治療中には、
がん細胞を攻撃する薬剤が、
体内の必要な免疫細胞まで
攻撃する
ことがあるので、

免疫力がかなり
低下してしまう
ことがあります。

その状態によって食べられるものと
食べられないものには
違いが生じてきます。

マヌカハニーそのものに抗菌力はありますが、
マヌカハニーは抗がん剤治療で
免疫力が落ちている時は
避けた方が安全と言われる
ハチミツ」の一種です。

医師から許可のない状態で、
マヌカハニーの健康効果だけを目的に
勝手に食べるのは危険も
あるのではないでしょうか。

Sponsored Link
 

マヌカハニーががんに効果があるという説

マヌカハニーの研究をしている機関では、
がん細胞への効果や、
抗がん剤治療中の免疫力の補助のために
マヌカハニーが役立つのでは?
と研究が進められています。

マヌカハニーが持っている
メチルグロオキサールの効果が、
がん細胞の増殖を防ぐのかどうかは、
まだまだ確かなことはわかっていません。

ネットで検索すると、

マヌカハニーでがんが治った」とか
マヌカハニーはがんの転移を防ぐ」など、
にわかに信じ難い効果を謳っていますが、

医学的な根拠が証明されていないので、
それを過信するのは危険です。

マヌカハニーは天然のハチミツです。

ハチミツは生後一歳未満の赤ちゃんには
食べさせてはいけないものです。

理由は、ボツリヌス菌という
食中毒の原因になる菌が
混入していることがあるからです。

ボツリヌス菌は100℃の熱湯で煮沸消毒しても
完全に消滅させることが難しい強い菌です。

消化器官が発達してくる生後一歳以降なら、
体内に万が一ボツリヌス菌が侵入しても
繁殖させずに排出できるので、一歳以降なら
安全なので大丈夫なのです。

抗がん剤に治療で、
免疫力がどの程度落ちるのかは、
使用する抗がん剤の種類や、

その人の体力、またがんの
部位によっても大きく差があるでしょう。

マヌカハニーを食べても問題ない状態だと
医師が太鼓判を押してくれない限り、
慎重になった方が良いと思います。

 

まとめ

マヌカハニーは、がんを乗り越えた方が、
その後の健康維持の
ために役立てているとか、

ピロリ菌の除去治療を
行った後の感染予防のために
食べるようにしているなど、
安全に利用している人が多いです。

抗がん剤の治療は、
期間が決まっていると思いますので、
その後にゆっくりとマヌカハニーを
食べても良いのではないでしょうか。

マヌカハニーに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!