鼻うがいで痛くない簡単なやり方の動画!生理食塩水がカギ

この記事は2分で読めます

鼻うがいは、風邪や
インフルエンザなどの予防、
花粉症の症状の緩和など、
さまざまな効果が得られます。

しかし、

鼻うがいが苦手という方も
多くいると思います。

筆者も苦手なうちの一人ですが、
苦手な方の多くが、鼻うがいをした時の
あの鼻にツーンと来る感じが
苦手という方は多いと思います。

そこで、ここでは鼻うがいの
正しいやり方をご紹介します。

Sponsored Link

事前知識

鼻うがいをするうえで大事なのが、
鼻うがいをするための
生理食塩水をつくることです。

なぜ生理食塩水を使用するのかというと、
人の体液と鼻うがいのときに使用する液の
浸透圧の違いを少なくするためなんです。

浸透圧を少なく、または同じにすることで
ツーンとした痛みのようなものを感じずに、
鼻うがいをすることができます

鼻うがいに使用する生理食塩水は、
人の体液と同じ0.9%に設定したものを
使用するようにしましょう。

 

鼻うがいのやり方は2通り

鼻うがいのやり方としては、

  • 初心者コース
  • 上級者コース

の2通りがあります。

初心者コース

まずは、初心者コースのご紹介を。

【1】
ひと肌程度に温めた生理食塩水を張った
洗面器と顔を拭くためのタオルを準備する

【2】
片方の鼻の穴を手で押さえ、
もう片方の鼻の穴から食塩水を吸い込む

このとき水を飲み込まないように、
息を止めながら吸い込むと良い

【3】
洗面器から顔をあげ、
吸い込んだ食塩水を出す。

片方の鼻に対して3~5回、
両方の鼻で行う

【4】
軽く鼻をかむ

Sponsored Link
 

上級者コース

続いて、上級者コースのご紹介。

【1】
初心者コースの2まで行い、
鼻に水が入った状態で上を向き、
鼻の水をのどの方へ流し込み、口から出す。

片方の鼻に対して3~5回
両方の鼻で行う

【2】
軽く鼻をかむ

 

今回は生理食塩水と洗面器を使用した
やり方をご紹介しましたが、市販の
鼻うがい専用の液を使用した場合でも
ほとんど同じ流れで行うことができます。

【鼻うがい便利グッズ】

 

【鼻うがいのやり方】

 

鼻うがいをするときの注意点

鼻うがいをするときには、
次の3つに注意して行うようにしましょう。

 

食塩水を正しく作ること

鼻にツーンと来なくするため、
生理食塩水の濃度と温度には
気を付けましょう。

 

鼻うがいをしたあと、鼻を強くかまない

強くかんでしまうと鼻の粘膜が
炎症を起こしてしまう可能性があるようです。

 

水の飲み込みに注意

飲み込んでしまう際、耳のほうに水が流れ、
中耳炎を引き起こしてしまうことがあるようです。

関連:鼻うがいの効果がすごい!喉や風邪の他に慢性鼻炎にも効く?

 

まとめ

鼻うがいが苦手、
という方は初心者コースから、
慣れてきたら上級者コースを
試してみるといいでしょう。

また、

さまざまな形の鼻うがい用の液が
販売されていますし、ノズルが
ついているものなど形もさまざまです。

自分に合った鼻うがいの方法を
見つけてみると長く続き、しっかりと
効果を発揮してくれると思います。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!