マヌカハニー食べ方を工夫して子供の免疫アップ!ノロウイルスにも効果があり!

この記事は3分で読めます

どうやら今年はノロウィルス
大流行するとか。

それも、子供には免疫のない
新型のノロウィルス
流行する恐れがあるそうです。

マヌカハニーは、ハチミツなのに
殺菌力がとても高いく、
医療機関でも使用されることがあるほどです。

食品で対策できる方法として
マヌカハニーを取り入れてみるのも良いのでは?

そこで、殺菌力が高いほどクセが強くて
食べにくいと言われるマヌカハニーを
子供でも美味しく食べてもらうために、
食べ方を集めてみましたので、
参考にしてみてください。

Sponsored Link

ノロウィルスの流行

ノロウィルスは、感染性胃腸炎の一種です。

10月ごろから流行し始めて、
12月から3月くらいがピークになるのですが、
どうやら2016年はいつもよりも
早めに流行が始まっています。

その流行の様子は、ノロウィルスの
タイプに影響されている
ことが危惧されています。

ノロウィルスにも、
インフルエンザと同じように
流行する型があるのです。

この数年で、日本で
流行しているノロウィルスは
GⅡ.4というタイプが主流でした。

ところが、2014年くらいから
GⅡ.4のウィルスではなく、
新たな型のウィルス
流行り始めていることがわかっています。

その新たな型はGⅡ.17というタイプで、
その型が2015年から徐々に増えて、
2016年にはその新型の方が
増えている
というのです。

この新たなタイプのノロウィルスは、
ほとんどの人が免疫を持っていませんから、
大流行する危険があるのです。

体力のないお年寄りや子供などは、
感染しやすいので注意しないといけません。

 

マヌカハニーで感染予防

マヌカハニーの強い抗菌力は、
ブランドマークUMFやMGOがついていて、
そのマークの後ろに数字が大きいものが
抗菌力の強さを示しています。

ノロウィルスやインフルエンザなど、
感染力の強い菌を予防するためには、
数字の大きい方が効果が期待できます。

Sponsored Link
 

子供におすすめの食べ方

マヌカハニーは生キャラメルのような舌触りで、
一般的なハチミツとは少し違います。

商品によって食べにくいものもあるので、
色々と試して好みを見つけるしかないのですが、

抗菌力が強い方が食べにくいものが
多い
ので、子供には、数字が
小さいものから徐々に慣らしていくのが
おすすめの食べ方です。

理想の食べ方は、スプーンにとって
そのまま口の中で溶かすのが
一番良いのですが、

ホットミルクやホットレモンに
溶かす
のも良いですね。

 

クルミやカシューナッツなどのナッツ類に
マヌカハニーを絡めて食べるのも
おやつにおすすめです。


子供の好きなホットケーキなどにかけたリ、
ヨーグルトのトッピングなど、
子供が好きなものに入れて食べさせて
嫌がらない食べ方で続けさせることです。

ただし、生後1歳以下の赤ちゃんは、
天然ハチミツによるボツリヌス菌が
繁殖する危険があるので食べられません。
1歳以上になるまでは、注意してください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

マヌカハニーの食べ方を
色々工夫している料理レシピ
沢山ネットにアップされています。

子供が喜ぶ食べ方を探しながら
お菓子や料理作りにチャレンジするのも
楽しいのではないでしょうか。

マヌカハニーに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!