エクオールのサプリ効果が女性に必要?大豆イソフラボンとは違う?

この記事は3分で読めます

女性が大豆製品を毎日しっかりと食べると、
女性ホルモンのエストロゲン
助ける効果があると
今まで考えられていました。

豆乳を飲むことや、納豆を毎日食べると
更年期障害が軽くなるとか聞いたことがあります。

しかし、

大豆イソフラボンを
エクオールに代謝できないと、
エストロゲンを助ける
作用はあまり期待できないとか。

おすすめのエクオールサプリ効果と
大豆イソフラボンの効果の違いと、
エクオールを作る機能
ついて考えてみましょう。

Sponsored Link

エクオールのサプリ効果

大豆イソフラボンとは、
マメ科の植物に含まれる
ポリフェノールのことです。

大豆イソフラボンは、
女性ホルモンとよく似た作用するので、
エストロゲン様物質とも呼ばれています。

大豆イソフラボンは

  • グリシテイン
  • ゲニステイン
  • ダイゼイン

の3種類があります。

その中のダイゼインが腸の中で
腸内細菌によって代謝されて
エクオールというものになります。

エストロゲンの働きを助けるものとしては、
大豆イソフラボンの中で
エクオールがもっとも活性します。

エストロゲンが不足してくると、
エストロゲン受容体にエクオールが
代わりになり、不足
しているところで働き始めます。

それだけではありません。

エストロゲンが過剰に分泌されると、
エクオールがその作用を緩めるます。

要するに、

女性ホルモンのエストロゲンを
程よくする作用があるのが
エクオールの効果なのです。

腸内細菌によって、
エクオールを代謝できない場合は、

大豆を沢山食べても
エストロゲンを助けれらないので、
エクオールサプリ効果が注目されているのです。

【人気NO1おすすめサプリ】


エクオールサプリを作る腸内細菌

エクオールを作るためには、
腸内細菌の中に、エクオールを
生産する種類の細菌

生息しているかどうかが肝心です。

エクオールの検査をすると、
エクオールを作る菌が
全く存在しないかわかります。

もしも居たとしても、ごくわずかな量で
ほとんど働かないケースもあります。

腸内細菌の中のエクオールの
存在を検査するためには、
簡単な輸送検査キットで調べられます。

 

もしもエクオールを作れる
腸内環境だったとしても、
エクオールは1日~2日で
体外に排出されてしまう
ので、

日々、続けて大豆イソフラボンを
摂り続けないと、エストロゲンの
働きを助けることができません。

【エクオール検査】

Sponsored Link
 

エクオールサプリと大豆イソフラボン

エストロゲンの働きを助けるエクオールを
作ることができる人は2人に1人なので、

女性ホルモンの減少による更年期障害など
体調不良の改善のためには、
大豆イソフラボンを摂ることと同時に、
エクオールをサプリで摂取すると効率が良いです。

エクオールを作ることができる腸内細菌を

育てるために、発酵食品も
積極的に摂る
ことも大切です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

エクオールサプリの効果は、
更年期のゆらぎやすい年頃の女性には
かなり注目されています。

漢方薬やホルモン療法などもありますが、
食品由来のエクオールサプリは安心できますね。

値段もそこまで高くないものが多いので、
試してみる価値はあるのではないでしょうか?

エクオールに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!