なぜバレンタインにチョコを渡すの?まさかの理由に衝撃を受けた!

この記事は3分で読めます

バレンタインデーといえば、

「女性が想いを寄せる男性に
チョコレートを渡す」

というイメージが
強いのではないでしょうか。

好きな人にあげる『本命チョコ』のほかに、
お世話になっている人に渡す義理チョコ
近年では友達同士で渡し合う友チョコ
というのも一般的になりましたね。

ところで、

なぜバレンタインにチョコを渡すのか、
その理由をご存知でしょうか?

これ意外と知らない人も多いと思います。

実はバレンタインデーにチョコを
渡すという習慣の由来を知ると、
ちょっとビックリするかもです。

そこで今回は、バレンタインに
関することをまとめてみました。

Sponsored Link

バレンタインデーとは何の日?

バレンタイン、正式には
聖(セント)バレンタインデー

というこの日は、その名が示している
とおり「聖バレンタインの日」という意味です。

「バレンタイン」というのは、
「ヴァレンティヌス」という
3世紀のキリスト教司祭の名前です。

当時ローマ帝国の皇帝は、
家族を残して出兵した兵士の

「生きて帰りたい」

という思いによって士気が下がる、
と考え兵士の結婚を禁止していました。

ヴァレンティヌス司祭は、
愛し合っているのに結婚を許されない
若者たちを不憫に思いこっそりと
結婚式をしてくれていましたが、

それが皇帝に知られてしまい、
処刑されてしまったのです。

このヴァレンティヌス司祭が
処刑された日というのが、
現在のバレンタインデー、

つまり2月14日なのです。

 

チョコを渡すのは日本だけ?

バレンタインにチョコを渡す、
という風習は、実は日本にしかありません。

しかも、

告白も日本以外では
「男性から女性へ」が一般的なのです。

欧米などでは、渡すものも
チョコレートに限らず、

男性が愛する女性へ手紙や
プレゼントを渡す日とされています。

また、

日本ではおもに「愛の告白」をする
という印象が強いですが、
外国では「感謝の気持ち」を伝える
という意味合いの方が強いようです。

関連:海外のバレンタイン習慣!プレゼントやお菓子はあげるの?

Sponsored Link

では、なぜ日本だけ
このような風習があるのでしょうか。

 

バレンタインにチョコを渡すのはなぜ?

日本で、バレンタインにチョコを渡す、
という風習が広まったのは、
実はデパート業界やチョコレート
業界のキャンペーンが発端なのです。

発祥にはいくつか説がありますが、
企業の戦略が始まりである
ことは間違いなさそうですね。

実は、ホワイトデーもその戦略のために、
お返しの日として決められたそうですよ。

ちょっとロマンのない理由ではありますが、
多くの人に受け入れられ、それが
定着しているということが、

楽しいイベントであることには
変わりないという証拠なのではないでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

バレンタインといったら、
恋人だったりロマンチックな
イメージを持っている方が多いと思いますが、
実はバレンタインには、ちょっと
悲しい由来があったのです。

マーケティング戦略によって定着した
日本のバレンタインですが、
今ではすっかり伝統のように溶け込んでいます。

なんかそう考えると、
踊らされているようで
悲しいですよね…

バレンタインには、あなたも、
好きな人やお世話になった人に
チョコを渡してみてはいかがでしょうか?

バレンタインに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!