頭痛の原因とは?目の奥や首・女性ホルモン?治し方や対処法を公開

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

こんにちは。
役立つ知識まとめサイト!の管理人です。

今回は、頭痛で悩まれているあなたに
役に立つ情報をお届けいたします。

  • 頭痛の種類
  • 頭痛の原因
  • 頭痛の対処法

についてまとめてみました。

頭痛の種類

頭痛と言っても色々な種類があり、
それによって原因となる病気も様々です。

約9割以上が、
筋緊張性頭痛と呼ばれる心因性の頭痛です。

これはしめつけ型とも呼ばれます。

肩こりなどで頭痛持ちという方もいらっしゃいますが、
筋緊張性頭痛は全て自律神経が失調した最新に起こる症状です。

そういった人の頭痛を軽減する為には、
ストレスを解消し、自律神経を正常な状態に戻す事が必要となります。

二日酔いのとき、
アイスクリームを食べたときなど
頭が痛くなることがあります。

これは誰にでも起こる生体反応としての頭痛です。

そして他にも様々な種類や原因があります。

headaiche

脳や全身の病気が原因で起こる頭痛

脳の病気などその他なにかしら病気が
原因となって起こる頭痛です。

慢性頭痛とはちがい、
なかには命にかかわるものもあります。

 

頭痛もちで起こる頭痛

片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛など、
いわゆる頭痛もちの頭痛です。

一口に慢性頭痛といっても
その種類ごとに痛み方などにも差異があり、
そのタイプにあった対処があります。

なんらかの病気が原因となって起きる頭痛です。

なかには脳血管障害など
命にかかわることもありますので、
このようなような頭痛の場合は、
すぐに医療機関を受診することが必要となります。

慢性頭痛にもいくつかのタイプがあり、
それぞれ痛み方や対処法が異なります。

また、一種類だけでなく
複数のタイプの混合型の場合もあります。

Sponsored Link
 

片頭痛について

脈拍に合わせてズキンズキンと痛みます。

・頭の片側が痛む(両側の場合もある)
・痛みのピークに吐き気がすることもあります。

 

なぜ起こるのか

血管が拡張して周囲の神経が引っ張られて痛みが起きます。

人によって拡張する理由は様々です。

  • 睡眠不足など生活リズムの乱れ
  • 緊張状態から開放されたとき
  • 女性ホルモンによるもの

全て自律神経に影響し、
血管の収縮・拡張のリズムが乱れて頭痛が起きると思われます。

 

対処方法と予防

自分の痛みを誘う誘因を避ける
規則正しい生活をして自律神経の働きを整える

 

痛くなったら

暗い静かな部屋で安静にする
こめかみや痛む部分を冷やす
こめかみや痛む部分の血管を圧迫する

 

緊張型頭痛

頭を締め付けられるような痛み
後頭部を中心に両側が痛くなる
首や肩のコリや目の痛みを伴う

 

なぜ起こるのか

筋肉が緊張することから痛みが起きます。

ふだんの姿勢の悪さや首の骨などの
骨格・体型の歪みまたストレスや精神的な緊張となっています。

 

対処方法と予防

姿勢を正しくすること、また枕を正しく選ぶなどです。

痛くなったら、入浴や、
こっている部分をホットパックなどで
温める事やマッサージや指圧また、
ストレッチでこりをほぐすなどを行ってみてください。

わたし自身、片頭痛持ちではありますが、
日々の生活習慣の見直しや正しい姿勢など
自分で意識を重ねる上で、少しばかりですが改善して気がします。。

また無理をせず、ストレスを遠ざけ、
しっかりと睡眠を取るなどして、
心と体をきちんと休ませるようにしましょう。

また、男性より女性に多く見られるのは、
片頭痛は女性ホルモンの分泌と関係しているためと考えられています。

まずは、ホルモン療法を受けている場合も
片頭痛が起こりやすくなりますので、
それらの服用や治療をしている人は、
かかりつけの医師などに相談をしてみましょう。

補足ですが、、
オリーブオイルや赤ワイン、チーズやチョコは人によってですが、
片頭痛を誘発する可能性があるので摂取する際は気をつけましょう。

 

今回も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ