電気代の節約方法!家庭で簡単にできる家電や契約アンペアの効果は

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

今後も消費税がアップすることを考えると、
家計の節約を見直す必要性を感じている。

でも、具体的にどこから節約を?という方。

電気代の節約は、数字にはっきりと
効果が見えるので節約しやすいところです。

しかもその節約方法の選び方次第では
劇的な節約効果を得ることも可能です。

電気料金を安くするためのポイント
ご紹介しましょう。

電気契約見直しで節約する方法

電気料金を確実に安くするためには
自宅の契約内容を確認しましょう。

電力会社の請求書や使用明細書に
契約内容が記載されています。

yjimage
【契約種別】【契約アンペア】
二つの項目がどのようになっているか
確認してみます。

 

契約種別とは

契約種別というのは、電力会社との契約を
自ら選べる契約コースです。

使用明細には従量電灯BやCなどと
記載されています。

これは契約の内容を示すことです。

一般的には一律の電気料金である
この契約が圧倒的に多いのです。

しかし、

電力会社との契約を
見直すことができるようになり、
プランも増えているんですよ。

時間帯割引がされている場合は
おトクなナイト8や朝得プランなど
契約の内容によって違います。

例えば、昼間は仕事でほとんど家にいない
共働きの家庭は夜間に使用する電気は
電気料金が安く設定されます。

週末のお休みの時に使用する電気料金を
安く設定できるプランもありますので、
ライフスタイルに合わせて、
もっともお得な契約プランを
選ぶことができるのです。
yjimage
電力会社によって、この契約内容には
多少の違いがありますので、
お住まいの地域の電力会社から
調べてみることをおすすめします。

 

契約アンペアとは

電力会社との基本の契約は
アンペアの容量で基本料金が決まります。

10アンペアの契約で250円(税別)なので
10アンペア下げれば年間3000円
確実に安くすることができます。

アンペアを下げると、電気を使いすぎて
ブレーカーが落ちることがあります。
yjimage
あまりに極端に下げると
生活に困ることも出てくるかも知れません。

しかし、

使いすぎを意識して控えるので、
自然に電気料金を安くすることも
できるようになるのです。

そうすれば、基本料金以上に
大きな節約もできるようになります。

 

待機消費節約で電気代を安くする方法

家電製品は電源をオフにしていても
待機電力というものを消費しています。

これを節約することで
電気代は約10%ほど節約できるのです。

1万円の電気料金の中には
1000円くらいの待機電力が消費されます。

すべての家電の待機電力をオフすることは
難しいとしても、OAタップを使って
こまめにスイッチをOFFにしておくと
コンセントの抜き差しをしなくても
待機電力の消費を抑えることができます。
yjimage

Sponsored Link
 

省エネ家電に買い替える

家電製品は壊れないと買い替えないもの。

なので買い替えのタイミングには
ぜひ省エネ家電の購入を検討してみましょう。

エアコンや冷蔵庫など
電力消費の大きい家電製品
省エネ効果の高いものを選ぶと
電気料金にもかなりの差が出てきます。
yjimage
省エネ機能の高いものが価格も高めですが、
長く使うものなので、
結果的には経済的
です。

照明器具もLEDに徐々に変えていくなど、
とくに工夫をしなくても今まで通りの
生活でも電気料金を安くする方法があります。

 

まとめ

電気料金は家計の節約に取り組むには
結果が得られやすい項目です。

そのため、努力次第では楽しみながら
節約生活をすることも可能です。

節電はエネルギー問題の貢献もできるし
自分にもメリットがあることなので
頑張ってみてはいかがでしょう。

参考にしていただければ幸いです。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ