狼の種類一覧で丸わかり!写真や動画を見ながら品種を知ろう!

この記事は3分で読めます

狼といえば、力強く美しい
外見から人気のある動物ですよね。

日本で狼といったら、
おそらくほとんどの方がイメージしているのは、
タイリクオオカミかと思います。

しかし、狼にもたくさんの
種類がいることを知っていましたか?

今回は、そんな狼の種類ついて
いくつかご紹介していきます。

Sponsored Link

狼の生態

狼はイヌ科の動物で、私たちが言う
「オオカミ」が指す種類は一般的には
タイリクオオカミのことなんです。

野生に生息し肉食であることから
凶暴な動物と思われていますし、
一匹オオカミといった言葉から
孤独なイメージを持っている方も
いるのではないでしょうか?

でも、実は狼って、
群れの中ではとても絆を
大切にしている生き物です。

むやみに近づくことは危険ですが、
野生動物の中では人間とも心を通わせられる
可能性の高い動物でもあります。

 

狼の種類一覧

私たちが「オオカミ」と読んでいる
タイリクオオカミですが、それ以外の
各地域の個体群はそれぞれ亜種になります。

今回は、そのオオカミの亜種の
中からいくつかをご紹介しましょう。

 

ニホンオオカミ

日本で一番有名なのは、やはりこの
ニホンオオカミではないでしょうか。

このニホンオオカミは、
その名前のとおり日本固有の個体で、

  • 本州
  • 四国
  • 九州

に生息していました。

しかし、

1905年に奈良県で捕獲された若い
オスの個体を最後に目撃例がなくなり、
現在では絶滅したとみられています。

日本では山間部を中心として
狼信仰が存在し、オオカミを
大神という当て字で
表記していた地域も多いそうです。

 

エゾオオカミ

日本固有の種類の中で、北海道や
樺太・千島に生息していた
大型の亜種をエゾオオカミと言います。

アイヌ民族と共存していましたが、
明治以降は入植者によりエゾシカが
狩り尽くされてしまったため家畜を襲い、

害獣とされて懸賞金をかけられ、
駆除されてしまい激減しました。

他にも様々な要因が重なったために
1900年頃に絶滅したとみられています。

アイヌ民族の間では、エゾオオカミを

  • 「大きな口の神(ホロケウカムイ)」
  • 「狩りをする神(オンルプシカムイ)」
  • 「ウォーと吠える神(ウォーセカムイ)」

などと呼んでいたそうです。

Sponsored Link
 

 

ツンドラオオカミ

ツンドラオオカミは、その名のとおり
ユーラシア大陸の北部、特にロシアの
ツンドラ地帯以北の極地に生息している種類です。

ツンドラオオカミはとても大きな種類で、
平均体高はチュウゴクオオカミの
2倍近くの大きさがあります。

 

 

ハイイロオオカミ

タイリクオオカミの別名が、
ハイイロオオカミです。

ユーラシア大陸と北アメリカに生息している
種類で、オオカミ、と言われた思い浮かべる形は
ハイイロオオカミだという
人も多いのではないでしょうか。

 

イエイヌ

一般的に言う、のことです。

イヌはオオカミの近縁種とされていましたが、
現在ではオオカミの亜種とする
見方が主流となってきています。

ただし、日常後としての「オオカミ」
の中にイエイヌは含まれません。

犬は犬、狼は狼です。

イヌの起源は、オオカミが飼い慣らされて
家畜化したものと考えられています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実は、オオカミの種類はあまり多くなく、
生息数も多くないのです。

日本の狼のように絶滅してしまわないように、
守っていかなくてはならないでしょう。

また、

オオカミをみることが出来る動物園もあるので、
興味のある方は訪れてみてはいかがでしょうか。

 狼に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!