ボジョレーヌーボーって何?今さら人に聞けない疑問に答えました

この記事は3分で読めます

秋の風物詩には、日本古来のもの以外にも、
海外からやってきたイベントもありますね。

日本人は、海外のものを自分たちの文化に
うまくミックスさせるのが上手い国民です。

秋になると、あちこちで見かける

ボジョレーヌーボーのご予約承ります

という文字にも、
すっかり見慣れてきました。

みんなが騒ぐから知っているような
つもりでいたけど、ホントは
よくわかっていない
人も意外といるのでは?

ボジョレーヌーボーって何?」という
今さら人に聞けない
疑問についてご説明しましょう。

Sponsored Link

ボジョレーヌーボーの意味って?

ボジョレーヌーボーって何?という
素朴な疑問を持っている方は、
日頃からあまりワインを飲む習慣がないので、
興味が持てないだけではないでしょうか。

question_head_boy

別に知らなくても恥ずかしいことではなく
ワインの業界が流行させるために
付加価値を発信させただけなのです。

ボジョレーヌーボーは
ワインと関係がある
でしょ!

と、その程度の知識しかなくても
恥ずかしいことなんてないので、
まずは知らなくても安心してください。

 

ボジョレーヌーボーって何?

いよいよ本題に入ります。

ボジョレーヌーボーの意味をご説明します。

まず、ボジョレーというのは、
フランスのブルゴーニュ地方にある
ボジョレーという地域のことです。

そこで栽培されたブドウから作った
ワインの新酒のことです。

wine-small

新酒はヌーボーというので、
ボジョレーの新酒という意味なんですね。

日本でボジョレーヌーボーが
流行り出したころは、
フランスのワインの品名だと
思っている人が多かったのですが、

ボジョレーヌーボーと呼べるワインは
色々な品名があります。

一つのワインの品名ではないので、
その点をおさえておきましょう。

【ボジョレーヌーボーに合う簡単おつまみ】

Sponsored Link
 

なぜ大騒ぎするの?

日本でボジョレーヌーボーが
これほど人気が高くなり、

秋になるとワイン通を名乗る人たちが、
ボジョレーヌーボーのことで盛り上がるのには、
この地域のワインの「解禁日」が
世界で一番早く日本で迎えるからです。

ボジョレー周辺で作られるワインは、
とても人気があり、市場に出回ると
すぐに売れてしまうことから、

生産者たちが競って早く売り出してしまい、
ワインの品質を下げるのを防ぐために、
解禁日」が設定されました。

image728

最初の設定された解禁日は11月11日でした。

この日は縁起の良い日だったので、
解禁日になったのですが、それから
色々な事情により11月15日となり、
さらに現在の11月の第3木曜日になりました。

ちなみに2016年は、
11月7日が解禁ですね!

解禁日と土日が重なるのを防ぐために、
固定の日付にするのを避けたというのが、
現在の解禁日に決められた理由のようです。

たまたま、日付変更線の関係で、
世界で一番早く日本で解禁されることから、
日本人の心を掴んで一大ブームになったのです。

1980年代のバブル期と重なったことで、
日本の秋のイベントとして、
定着したというわけです。

ボジョレーヌーボーには、
毎年キャッチコピーも決められ、
その年の出来が問われます。

関連:ボジョレーヌーボーコピペ2016!意味は?キャッチコピーまとめ!

 

まとめ

いつも秋になると、
騒いでいる人がいるけど、
「一体なんのことなのか」

不思議に思っていた方も
少しはボジョレーヌーボーについて
理解していただけたでしょうか。

世界で一番早く飲めることが、
ボジョレーヌーボーが騒がれたきっかけです。

そこから深い話は、また別の機会に。

ボジョレーに関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!