二重のプチ整形では目の腫れ具合でダウンタイムにも個人差がある?

この記事は2分で読めます

目のプチ整形で二重まぶたにする方法は
埋没法が主流になっていますね。

メスを使わないプチ整形なら、
コワくないから、毎日めんどうな
目細工メイクから解放されて、
忙しい朝も時短メイクできそうです。

すっぴんを堂々と見せられるようになるのが、
憧れなのではないでしょうか。

そこで、プチ整形で二重まぶたにした場合には、
ダウンタイムはどの程度なのか解説します。

Sponsored Link

ダウンタイムとは

目のプチ整形に限らず、
美容整形の後に日常生活に支障なく、
普通にメイクしたりできるまでの期間を
ダウンタイム」と呼びます。

埋没法では、メスで切開したり、
縫合をすることもないので、
洗顔もメイクも、すぐにできるようになるので、

気軽にできるのが人気の理由なのですが、
切開しなくても、「腫れ」は
すぐには納まりません。

まぶたの皮膚に特殊な糸を通す時に、
毛細血管から出血して、
内出血を起こすと、それがしばらく
続くこともあります。

完全に腫れや内出血がおさまるまでの期間を、
ダウンタイムとして様子を見る必要があります。

 

二重の埋没法の後のまぶたの状態

プチ整形の埋没法の施術後のダウンタイムでは、
二重まぶたの幅が広くなっていて、
不自然な状態のことを
ガチャピン目」と呼ぶ人がいます。

子供番組のキャラクターとして、
国民的に人気のあるガチャピンの目を
思い出してもらうとわかりますが、
二重の幅が広くなって、目にかぶさる状態なので、
何となく眠そうな顔に見えます。

%e3%82%ac%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%94%e3%83%b3

徐々に腫れが引いてきて、
二重の幅が不自然じゃなくなれば、
ダウンタイムが完全に終わった
と考えてOKですが、

一ヶ月以上経っても、
ガチャピン目が続く場合は、
腫れや内出血が原因ではなく、
二重の幅を形成する施術が上手く
行かなかった
ことも考えられます。

一ヶ月経っても、思ったような二重の幅では
なかった場合は、修正手術のことも
相談してみても良いタイミングだと思います。

Sponsored Link
 

目のダウンタイムを短くするポイント

プチ整形後のまぶたの内出血は、
徐々に血液が吸収されないと消えません。

青タン状態になると、
ちょっと困るので、メイクで隠す必要があります。

BBクリーム、医療用ファンデーションなどは、
そのために開発されたものなので、
内出血がひどい場合は、相談してみましょう。

施術中に余計なチカラが入ると、
内出血しやすいので、
リラックスすることがダウンタイムを短くする
ポイントになるでしょう。

腫れを早く治める方法としては、
二日酔いや泣いた後のまぶたの腫れを
冷やして治めるのと同じく、
朝の洗顔後にまぶたを冷やしてみると
少しは違うでしょう。

顔のむくみもまぶたの腫れをひどくさせるので、
寝る時の枕を少しだけ高くすることも
効果がありますので試してみてください。

 

まとめ

プチ整形なら、施術後にも
何の問題もなく、理想の二重まぶたに
なるわけではありません。

ダウンタイムは個人差があるとしても、
2週間くらいは平均して続きますので、
上手く乗り切れるようにしてみましょう。

プチ整形に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!