ハリーポッターの都市伝説!ハーマイオニーの名前の由来があったなんて!

この記事は3分で読めます

ハリー・ポッターといえば、
誰もが知る有名な作品ですよね。

元々児童書として発行され、
実写映画化されて以来その人気は
不動のものとなりました。

ところで、この『ハリー・ポッター』
シリーズには、様々な裏設定や
都市伝説があることをご存知ですか?

今回は、『ハリー・ポッター』シリーズに
まつわる裏設定、都市伝説をまとめてみました。

Sponsored Link

ダンブルドア役を引き受けた理由

2作目『ハリー・ポッターと秘密の部屋』
までアルバス・ダンブルドアを演じていた
リチャード・ハリスは、当初はオファーを
断るつもりだったそうですが、

原作ファンである孫娘に

「ダンブルドア校長役を引き受けなかったら、
もう二度と口をきいてあげない」

と言われて引き受けたそうです。

リチャード・ハリスは2002年に
ホジキンリンパ腫で亡くなり、
『秘密の部屋』が遺作となりました。

 

セブルス・スネイプの名前アナグラム

Severus Snape(セブルス・スネイプ)
という名前を並び替えると
「Perseus Evans(エヴァンズの騎士)」になります。

エヴァンズ(エバンズ)というのは、
ハリーの母親であるリリーの旧姓です。

 

アニメ版『ハリー・ポッター』

『ハリー・ポッター』はシリーズを通して
実写での映画化となりましたが、

実は、映画化決定当時には
スティーブン・スピルバーグが監督となる
可能性があり、彼は実写ではなく
アニメーション映画として構想していたそうです。

最終的にはクリス・コロンバスが監督に
指名されましたが、ファンタジーですし、
アニメーション映画というのも面白そうですよね。

Sponsored Link
 

プーチン大統領にそっくり?

二作目『ハリー・ポッターと秘密の部屋』
に登場した、屋敷しもべ妖精のドビーですが、

ロシアのプーチン大統領に
そっくりだと一時噂になりました。

そのためかプーチン大統領本人が
そのことを気にしてしまい、
制作元に起訴を起こしたそうです。

 

ハーマイオニーの名前の由来

主要キャラクターのひとりである
ハーマイオニーですが、
ちょっと変わった名前ですよね。

これは、原作者のJ・K・ローリングが

「キャラクターと同じ名前の学生が、
からかわれたりいじめられたりしないように」

と一般的ではない名前をつけたのだそうです。

実際、2001年より前にはハーマイオニー
という名前の人はいなかったそうですが、

現在は作品にあやかってハーマイオニー
と名付けられている子供がいるかもしれませんね。

 

二代目ダンブルドアは?

リチャード・ハリスが亡くなり、
以降のシリーズのダンブルドア役として
まず抜擢された人物は、

「ロード・オブ・ザ・リング」
シリーズでガンダルフを演じていた
イアン・マッケランでした。

しかし、

イアン・マッケランは
「ひとつの伝説で手一杯だ」と
ダンブルドア役のオファーを断ったそうです。

 

無言の呪文

『ハリー・ポッター』の世界では、
呪文を唱えて魔法を放ちますが、
映画の中では何も言わずに魔法を放つ
シーンがあることにお気づきでしょうか。

これは無言呪文というもので、
口には出していませんが、
頭の中で呪文を唱えているのです。

力が強い魔法使いは、呪文を口に
出さなくても魔法を放つことができるのですね。

 

まとめ

『ハリー・ポッター』は、原作の場面が
映画ではカットされている部分も多くあります。

映画だけではわからないようなエピソードや
設定もたくさんありますので、

映画しか見たことがないという人は
ぜひ原作も読んでみてはいかがでしょうか。

都市伝説に関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!