妖怪牛鬼が最強すぎる!日本各地で伝説が残っているとウワサ!

この記事は2分で読めます

妖怪には、ちょっとかわいい姿のものがいたり、
目撃すると、運気がアップするなど、
何となく親しみのあるタイプも多いので、
妖怪に対して恐怖を感じなくなっています。

でも、やはり妖怪と呼ぶからには、
怪しくて怖いものも沢山伝わっています。

牛鬼は、怖い妖怪として有名ですが、
全国では、牛鬼を知らない地域も多いので、
ご紹介しますね。

Sponsored Link

妖怪 牛鬼の姿とは

妖怪牛鬼は、西日本を中心に広く伝わっています。

  • 三重県
  • 和歌山県
  • 高知県
  • 愛媛県
  • 山陰地方

と西日本の各地に牛鬼伝説があります。

牛鬼の姿は、各地によって違いますが、
妖怪を多く描いている
百怪図鑑の姿が有名です。

yjimage

身体は蜘蛛のような状態で、
手足には牛の角のような
先の鋭いものがついています。

顔は鬼のように恐ろしく、
頭には牛の角が生えているという
なんともおぞましい姿をしています。

 

妖怪 牛鬼の最強伝説

妖怪牛鬼は、とても残忍なことをする妖怪で、
毒を吐いて人や家畜を食い殺します。

なぜ、そんな残酷なことをするのか、
その理由が明確に残っている
伝説は少ないですが、

牛鬼の姿を見るだけでも、
病気になってしまうと伝わる地域もあるほど、
人々に恐れられていた妖怪です。

枕草子」には、恐ろしい存在として、
牛鬼があげられていますし、

太平記」でも、源頼光と戦った
ということが描かれています。

Sponsored Link
 

日本各地に残る牛鬼の遺物や伝説

三重県では、伊勢の五ヶ所浦
牛鬼がいると言われていました。

城主が牛鬼を弓矢で射たことで、
ひどい祟りがありました。

牛鬼の祟りによって、
その土地の城主が滅亡したと伝わります。

和歌山では、西牟婁郡にある淵が
牛鬼淵と呼ばれています。

海にまで通じていて、
淵が濁っていると牛鬼がいる
伝わっていました。

牛鬼に会うと病気になると
恐れられていました。

 

愛媛県や香川県の牛鬼の伝説は、
人や家畜を食い殺す妖怪というのは同じですが、
姿は他の地方に伝わる牛鬼とは違います。

ムササビのような体をしていて、
頭には角、口からは牙が生えています。

香川県にある根香寺には、
二本足で立つ牛鬼の像があります。

とても恐ろしい妖怪なのに、
なぜか円谷プロの怪獣みたいに見えるので、
怖さは伝わり難いです。

yjimage

関東では、浅草の周辺
牛鬼の伝説がいくつかありますが、
ほとんど東日本には残っていません。

浅草周辺では、日本各地から
色々な文化が集まってきた時代がありますから、
妖怪伝説もその一つだと考えられます。

 

まとめ

妖怪牛鬼は、人を食い殺すとか、
祟りで人を死なせてしまうなど、
怖い伝説が多いです。

何がもとになっているかは不明ですが、
きっと恐れられていたのでしょう。

都市伝説に関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!