DIYで床を補修する方法まとめ!フローリングの傷や張り替えまで

この記事は3分で読めます

自宅に畳の部屋の割合が少なくなり、
フローリングが多くを
占めるようになってきました。

フローリングの方が掃除も簡単なので、
畳をフローリング床にリフォーム
することも増えているんですよね。

でも、

畳は張り替えたりできますが、
フローリング床を張り替えるとなると、
ちょっと大変なリフォームになります。

そこでdiyで床の補修をしてみるのも、
経済的ですし、diyの醍醐味です。

床の補修に必要なキットや
コツなどご紹介します。

Sponsored Link

床の傷を補修する

フローリングの床は、
家具の移動の時など、
気をつけていても多少のは残ります。

何かモノを落としたりすれば、
凹んでしまうこともあるので、
目立つところの傷や凹みは
diyで補修してしまいましょう。

小さな傷なら、タッチペンタイプ
補修できるキットがあります。

凹みや深い傷は、パテで埋めてから
表面を塗ります。

テープタイプの補修キットもありますが、
歩き回ったりするところでは、
剥がれやすいので、床にはおすすめしません。

筆で補修してから、スプレーで仕上げる
滑らかになり、目立たなくなります。

 

床の日焼けを補修する

フローリングの床も
日焼けによってムラが出ることがあります。

窓の近くの床だけ
日焼けしてしまった場合は
広範囲の補修が必要ですが、

床の表面が傷んでいなければ、
フローリング用のカラースプレーで補修します。

窓に近い床は、
結露などで傷みやすいので、
防水効果のあるコーティング剤
を使うといいですよ。

 

ホームセンターの
フローリングコーナーには、
初心者でも簡単なdiyキットがあるので、

手始めに小さな面積の
補修からはじめてみましょう。

 

床のツヤを再生させる

フローリングの表面のコーティングは、
年々効果がなくなってきます。

ツヤの無くなった床は、
汚れも着きやすくなっているので、
定期的にツヤを再生させる補修は、

フローリングの寿命を長持ち
させる
ためにも行った方が良いです。

ワックスは一年に一度くらいの
サイクル
で使うと、ツヤも保てるし、
汚れも浮くのでサッと掃除できます。

拭き掃除と同時にワックス効果も
持っている
ものを使えば、
大々的なワックスがけも減らせるので便利です。

 

床がギイギイ鳴るのを補修する

フローリンがキイキイとかギイギイ
となるようになると、
ちょっと気になりますね。

業者に頼むと、部分的な張り替えでも
数万円かかることもあります。

でも、木材がギイギイなるのは、
diyで補修することができます。

ちょっと知識が必要なので、
床を剥がして補修する場合は、
どんな道具が必要なのか、
しっかり調べましょう。

 

まとめ

diyで床の補修にチャレンジしてみたい時は、
まずはホームセンターに行って、
どんなキットがあるのかチェックすることから
はじめてみましょう。

実際にお店にないものでも、
通販には便利なものがいっぱいあります。

diyブログで床の補修を成功させている
ケース
を参考にしてみるのも
いいのではないでしょうか。

DIYに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!