妖怪ウォッチのムリカベと妖怪ぬりかべって一緒?動画で検証しよう

この記事は2分で読めます

子供も大人も、
正体がはっきりしないものには、
強い興味を引かれるものです。

妖怪は、子供を怖がるのに、なぜか
妖怪をモチーフにしたアニメキャラが
人気沸騰したりしますね。

妖怪ウォッチも、子供に大人気ですが、
その中に、「ムリカベ」という
妖怪が登場します。

ゲゲゲの鬼太郎に出てくる有名な「ぬりかべ」と、
とても共通する点が多いようですが、
同じも妖怪なのか探ってみました。

Sponsored Link

妖怪ムリカベとは

妖怪ウォッチに登場するムリカベというのは、
色んなお願いをしても、「ムリ!」の一言で、
全て拒否してくる壁のカタチをした妖怪です。

yjimage

何でも拒否するので、その特徴を
逆に活用すれば、希望通りになるわけです。

アニメの中では、ムリカベを
友達にしたい時に、

友達にはならないで」とお願いします。

するとムリカベは、反対の行動をするので、
友達になってくれるというわけです。

何だか、ちょっとややこしいキャラの妖怪ですが、
「~はしないで!」とか
「~はやめて!」と頼めば、
それはやってくれるので、
ちょっと工夫すれば良いキャラの妖怪ですね。

 

妖怪ぬりかべとは

ゲゲゲの鬼太郎でおなじみの妖怪ぬりかべは、
大きくて、重厚な壁をモチーフにした妖怪です。

image

妖怪として名前だけは、
古い資料に残っているのですが、

姿が残っていないので、水木しげるの描いた
ぬりかべの姿が一般的に浸透しています。

ぬりかべは、急に行く手を阻む壁として現れ、
どこにも進めなくさせてしまう妖怪です。

夜道に突然、大きな壁となり
進路を阻まれたら、恐怖ですが、
アニメのキャラとなったおかげで、
怖がらせる妖怪ではなくなっています。

Sponsored Link

 

ムリカベとぬりかべの違い

妖怪ウォッチのムリカベ
みんながよく知っている妖怪ぬりかべは、
そのキャラクターが全く違います。

ただ、とってもこじつけっぽいですが、
どちらにも共通することがあるとすれば、

壁にぶち当たった時に、
どう対処したら良いのか?

考えさせるという点です。

ムリカベのように、どんなことでも
拒否ばかりする人に相対した時には、
逆のアプローチをすると
好転する可能性があります。

そして、進みたい道に立ちはだかる
大きな壁は、ぬりかべのように、
どっちにも進めない困難に対した時に
どうすれば良いかを考えさせます。

ことわざや格言などに、
」は困難を表すモノとしてよく用いますが、

ゲゲゲの鬼太郎の中でも、
妖怪ウォッチの中でも、
仲間になれば、防御のための
強い味方
になってくれます。

壁の妖怪には、そんな意味も
含まれているのではないでしょうか。

 

まとめ

妖怪ムリカベは、ぬりかべと
ちょっとだけ共通するところもあり、
憎めないキャラクターです。

仲間になると、
壁は頼もしくなるわけです。

妖怪の世界観は、
深読みするとより楽しくなりますよ。

都市伝説に関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!