DIYで家具を簡単に塗装する方法!白木には水性ニスがベスト?

この記事は2分で読めます

部屋の模様替えをする時に、
カーテンやカーペットなどは、
簡単に交換することができるけど、

家具に関しては、そんなにコロコロと
変えることはできませんよね。

せっかく雰囲気を変えたのに、
家具の存在感が・・と思ったら、
家具の塗装をしてみませんか?

diy初心者にも難しくない塗装方法を
ご紹介しましょう。

Sponsored Link

DIY家具の塗装に必要なもの

外壁や部屋の壁を塗装するのは、
いきなり初心者には難しいですが、
家具の塗装なら初めての方でも大丈夫です。

まずは、ホームセンターなどで
diyコーナーの塗装用品から必要なものを
ピックアップしてみましょう。

基本的に必要なものは、

・塗料
・刷毛や筆など
・サンドペーパー
・マスキングテープ
・新聞紙やレジャーシート

以上のものは、最低限必要なものです。

その他には、必要に応じて、
パテやカッティングシートなどを使います。

 

白木の家具には水性ニス

家具を塗装してリフォームする場合は、
もともとの家具の塗装をヤスリで擦って
落とす必要があります。

手作業で塗装をサンドペーパーで剥がすのは、
さすがにちょっとハードルが高いのですが、

白木の素材そのままの家具なら
表面を滑らかにする程度で塗装できるので、
diy初心者にも簡単にできます。

最初は水性ニスを使ってみると
白木の家具の雰囲気が変わり、
失敗するリスクも少ないです。

yjimage

水性ニスは、木目をハッキリと目立たせるし、
塗りムラとか気にしなくても良いのでおすすめです。

Sponsored Link
 

 

カラーペンキで塗装する

白木の木目を出すだけの塗装は、
表面に塗装されている家具には使えません。

yjimage

家庭の中にある、収納棚などには
表面の塗装がしっかりされているので、

サンドペーパーで落としきれない場合は、
剥離剤を使うと、元の塗装を落とせます。

 

マスキングテープを活用する

最近は、カラフルなデザインが増えて
マスキングテープの用途も変わってきましたが、
もともとマスキングテープは、

養生テープとも呼ばれるもので、
塗装の時などに色を着けたくない部分に貼って
使用するものです。

yjimage

diyコーナーに行くと、
マスキングテープにビニールシートが
一体されているものもありますので、
広い範囲をカバーすることもできます。

塗装で凝ったデザインにしたい時も、
マシキングテープを活用します。

 

家具塗装する時の注意

小さな家具なら、部屋の中にシートや
新聞紙を敷いて塗装できますが、

使用する塗料はしっかりと乾燥させたいので、
カラッとしたお天気の良い日を選びます。

部屋の換気をして空気がこもらないようにします。
そして塗料を乾燥させて、重ね塗りをします。

一度塗っただけでは、
色ムラがあるのは失敗ではありませんよ。
重ね塗りすれば大丈夫です。

 

まとめ

diy初心者には、家具塗装は
ファーストステップにピッタリです。

DIYに役立ついろいろな商品を
探しているのであれば、
みはしが1番揃っています。

mihashi

 

模様替えのたびに
塗り替えたくなるかも知れませんね。

家具を買い替えるよりも、
ずっと経済的ですよ。

DIYに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!