動物愛護週間とはどんな意味?環境省の各地イベント動画が話題に!

この記事は3分で読めます

あなたは、ペットを
飼っていたことはありますか?

ペットと一緒にいると、
一日の疲れも癒されますよね。

ペットは種族は違えど家族同様、
とてもかけがえのない存在です。

そんなペット――動物たちを愛し、
絆を深めるための期間が設けられています。

それが、毎年9月に行われる
動物愛護週間です。

今回は、この「動物愛護週間」
についてまとめてみました。

Sponsored Link

動物愛護週間とは

日本では、動物の愛護及び管理に関する法律
(昭和48年法律105号)第4条で

「ひろく国民の間に命あるものである動物の愛護と
適正な飼養についての関心と理解を
深めるようにするため、動物愛護週間を設ける」

と定めています。

これが、毎年9月に行われる
『動物愛護週間』です。

9月20日~26日までの一週間、
国や地方自治体、関係団体が協力し、
動物の愛護管理に関する各種行事や、
イベントを開催します。

 

動物愛護週間の起源は?

この運動は、アメリカ動物愛護協会が
1915年に制定したのが始まりです。

その後連合国最高司令部の司令で、
日本でも動物愛護デーとして
1949年から実施が始まりました。

法定行事となる以前にも、
日本動物愛護協会が1952年から
動物愛護週間として実施していたそうです。

当初は春分の日を中心とした
一週間とされていましたが、

北海道などではこの時期屋外行事が
困難なので、1954年~1973年までは
秋分の日を中心とした一週間に変更され、
その後現在の日程に定められました。

 

動物愛護週間のイベント

『動物愛護週間』の間は、全国各地で動物と
触れ合うための様々なイベントが開催されます。

 

動物愛護ふれいあフェスティバル

動物について学び、考えるための
講演会などが行われます。

場所によっては、
獣医師等による動物相談や、
ペット美容の実演なども行われ、

こどもたちのお絵描きコーナーや
アニマルフォトスタジオなどもあるので、
家族みんなで楽しめるでしょう。

 

飼い主のしつけ教室

ペットの正しい飼い方などを教えてくれます。

動物に関するなんでも相談がある
ところもありますので、この機会に、
疑問を解消してみてはいかがでしょうか。

 

 

盲導犬や警察犬についての話

人間と一緒に働く犬たちについての話が聞けます。

普通に暮らしているとあまり
触れる機会のないお話が聞けるので、
貴重な機会ですね。

Sponsored Link

 

動物ふれあい広場

フェスティバルなど催しを
行っているところでは、動物たちと
直接触れ合える機会もあります。

あまり動物に触れたことがないという人は、
是非この機会に触れ合ってみてはいかがでしょうか。

 

動物愛護週間ポスター

環境省が主催しているイベントで、
『動物愛護週間』に合わせて、
毎年公募が行われています。

最優秀賞作品には、
環境大臣賞が贈られます。

お住まいの地域によって、
行われているイベントは様々です。

特にペットを飼っている人は、
子供から大人までたくさんのものを
得られる機会ですので、是非
お出かけになってみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

ペットとして動物を愛し、家族同然に
過ごしている人もいれば、理不尽な
暴力で動物たちを傷つける人もいます。

この機会に、動物たちとの上手な
付き合い方を学んでみると
良いのではないでしょうか。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!