妖怪つるべ落としの由来とは?画像を見て謎にせまる!

この記事は2分で読めます

妖怪つるべ落としは、
ゲゲゲの鬼太郎作者の水木しげるさんも
描いている妖怪ですが、

つるべ落としの言い伝えが残っているのは、
近畿地方や東海地方の地域だけです。

妖怪というと、ちょっとユーモアもあり、
愛嬌のあるキャラクターが多いのに、

つるべ落としは、
人を食べるという言い伝えがあり、
子供には、かなり怖がられる妖怪です。

つるべ落としの起こす仕業と
よく似た言い伝えは日本全国にあります。

一体どうして人を食べるなんて、
恐ろしい妖怪の言い伝えが残っているのか、
つるべ落としについてご紹介しましょう。

Sponsored Link

つるべ落としとは

妖怪つるべ落としは、
大木から落ちてくる妖怪です。

そもそも、

つるべ落としの「つるべ」とは、
井戸の水をくみ上げる時に使う
釣瓶」のことです。

yjimage

これを、木の上から落として、
人を襲って釣り上げて、
そのまま人を食べてしまうのが、
妖怪つるべ落としの言い伝えです。

yjimage

釣瓶を落とすという言い伝え以外にも、
生首のような大きな首だけの妖怪が
二つ木の上に居て、

まるで釣瓶のように
突然木の上から落ちてきて、
人間を襲うという言い伝えもあります。

いずれのタイプも
人間を襲って食べるというのは同じです。

なぜ、大木につるべ落としがいて、
人間を襲うのか、その理由が
所以などは不明ですが、

大木には魂が宿ると考えられていたので、
妖怪という正体不明なものが
木には棲みついていると
考えられていたのかも知れません。

大きな生首が落ちてくるなんて、
かなり恐ろしいタイプの妖怪ですね。

人間を食べる時には、
首だけ残して食べるという言い伝えもあり、

一度食べると二日三日はお腹が満たされるので、
人間を襲わないのに、数日で空腹になると、
また人を襲って食べるのだとか。

可愛げもなく、恐ろしすぎますね。

Sponsored Link
 

つるべ落としに似た妖怪

つるべ落としの言い伝えが残っているのは、

  • 京都府
  • 滋賀県
  • 岐阜県
  • 愛知県
  • 和歌山県


かなり限られた地域のみです。

なぜ、この地域だけに
つるべ落としのような恐ろしい妖怪の伝説が
残っているのかは不明ですが、

木の上から何か落としたりする
似たタイプの妖怪

他の地方にもあります。

例えば、山形県のある地域では、
鍋下ろし」という妖怪の言い伝えがあります。

鍋下ろしは、夕方になっても
子供が外で遊んでいると、

真っ赤に焼けた大きな鍋が
木の上から降りてきて、
子供を鍋に入れてさらってしまう
という伝説があります。

青森県には、木から火を落とす
イジコという妖怪
もいます。

木から何かを落としたりする妖怪は、
日本全国に多々ありますが、

イタズラ程度の仕業のものが
ほとんどなので、妖怪つるべ落としのような、
人を食べる強烈な恐ろしさのある
妖怪
は珍しいのです。

 

まとめ

妖怪つるべ落としは、
あまりに怖すぎるので、
小さな子供にお話しする時には
あまり向いていないかも知れませんね。

もともとの由来はハッキリしなくても、
大木には、神や精霊が宿っている

と信じられているので、
神や精霊を怒らせないようにすることと、
無関係ではないと思います。

都市伝説に関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!