日本の妖怪が登場する昔話まとめ!昔は妖怪がいたという言い伝えが

この記事は2分で読めます

妖怪は、日本の各地に伝説が残っています。
昔話の中にもよく登場します。

妖怪の存在は、危険を伝えたり、
大切にしなくてはいけないことを、
子供にもわかりやすく表現するために
工夫されて民話などで語り継がれてきました

ちょっと怖いものもあれば、
何だか可愛らしいものまで、
妖怪にも色んなタイプがあるんです。

ここでは、日本各地に伝わっていて、
昔話として語られている妖怪をご紹介します。

Sponsored Link

小豆とぎとぎ

小豆○○と呼ばれる妖怪が登場する昔話は、
日本各地にあります。

妖怪マンガで有名な水木しげるさんの
ゲゲゲの鬼太郎には「小豆洗い」として
登場します。

yjimage

  • 小豆とぎ
  • 小豆ごしゃごしゃ
  • 小豆そぎ
  • 小豆さらさら
  • 小豆こし
  • 小豆あげ

など、
呼び方は各地で違うのですが、
日本各地に伝わっているということは、
小豆に関する妖怪が身近だったからでしょう。

鳥取の昔話「小豆とぎとぎ」は、
山奥の森の中にいるお化けとして登場します。

この妖怪は、小豆を研ぐ音を立てて
人の着物をまくりあげてしまうという
イタズラをします。

ある村の腕っぷしの強い男が、
小豆とぎとぎを退治しに行こうする。

それで小豆を研ぐスリコギが、
男と追いまわすという話です。

何かの役に立つ妖怪でもないのですが、
各地に伝わる小豆に関する伝承では、
小豆を洗う時に出る音が元になって、
色んな説が生まれたそうです。

昔は川辺で米や小豆を洗っていたこともあり、
小豆を洗う時の音が、
獣の近づく音と勘違いしたとか、
他の生き物の音を小豆を洗う音と勘違いしたなど。

正体がわからない音が、
各地に広まっているのでしょう。

Sponsored Link
 

海坊主

海に囲まれた日本なので、
海にまつわる妖怪や化け物が出てくる
昔話は数えきれないほどあります。

海坊主は、海の妖怪としては、
一番メジャーなのではないでしょうか。

そんな海坊主の昔話も
各地によって内容が違いますが、
宮城県や高知県の海坊主の昔話が有名です。

yjimage

宮城県のある小さな島に伝わる昔話には、
海坊主のせいで、魚が全く獲れなくなって、
困ってしまった漁師たちが、

海坊主に静かになってもらうために、
お供え物をして祈ったところ、
漁ができるようになって安心していたら、

一人の怠け者のせいで、海坊主を怒らせてしまい、
大変なことが起こってしまうというお話です。

漁師たちにとって、海が荒れることは、
生活できなくなることにつながるので、
海坊主という妖怪に名を変えて、
海の神様を怒らせないように
しようという言い伝えでしょう。

 

まとめ

が元になった妖怪、
海や川、自然にまつわる妖怪など、
昔話に出てくる妖怪の中には、
同じタイプでも、呼び方や伝承の内容が
違うだけのものが沢山あります。

東北に行けば、雪女によく似ている妖怪が
登場する昔話も沢山あります。

同じ妖怪がバリエーションを変えて、
いろんな地方で伝わっているので、
比べてみるのも楽しいのではないでしょうか。

妖怪に関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!