落語ザ・ムービーがNHKで人気!元犬や紙入れのあらすじは?

この記事は2分で読めます

「超入門!落語ザ・ムービー(the movie)」は
NHK総合で放送されて
話題になったテレビ番組です。

ザ・ムービーという番組名ですが
映画ではないのです。

落語入門のために制作された番組なので
これから落語ブームに乗ってみたい方には
ピッタリの内容でした。

超入門!落語ザ・ムービー(the movie)」を
見逃してしまった方のために
内容をご紹介しましょう。

Sponsored Link

落語ザ・ムービーの内容

「超入門!落語ザ・ムービー(the movie)」は
落語家の噺(はなし)に合わせて、
その内容を口パクしながら演じるという
何とも斬新な落語の見せ方に挑戦した番組です。

演劇の手法の一つに
あてぶり」というのがありますが、
落語家の声にあてて動くので、

これはあてぶりと口パクにこだわった
今までにない演出です。

落語の世界を映像として再現する
どうなるのか?という実験的な番組で、
落語家の声と座布団の上に座ったままで

小さな動作と限られた
小道具(扇子と手ぬぐい)

物語を表現する落語の手法に
慣れている落語ファンにも
新鮮な試みとして話題になりました。

第一弾の放送の落語家は古今亭菊之丞さん、
演じるのはハライチの澤部さん友近さんです。

第一弾の好評を得て
第二弾の放送もされました。

 

元犬

元犬というのは古典落語の中でも
ちょっとファンタジックな滑稽噺です。

それだけに、
映像化するとわかりやすさが増します。

浅草の八幡神社に現れた白い犬。

当時、白い犬は珍しく重宝がられ、
生まれ変わったら人間になる犬
言われていました。

そんなことを人間たちに言われて
すっかりその気になった白い犬が
八幡さまに一生懸命お願いをして
その願いが叶って人間になった!

ところが、もともとが犬ですから
人間になってもなかなか上手く暮らせない。

いろんな珍事件が巻き起こるという噺です。

犬から人間になった主人公を
ハライチ澤部さんが演じます。

五代目古今亭志ん生が
十八番としていました。

Sponsored Link
 

 

紙入れ

紙入れは、ちょっと色っぽい噺です。

お得意さんのところに奥さんに呼ばれ
その家に上がり込んだ小間物問屋の男。

旦那さんは留守で、
酒をすすめられ、年増で色っぽい奥さん
グイグイと迫られる。

ついその色っぽさに負けてしまい
イイ仲になりそうになった時に
旦那さんが帰ってくる。

慌てて裏口から逃げ出すのだか
紙入れ(財布)を忘れてしまう。

紙入れが見つかったら、
間男の存在がバレてしまう。

そんなハラハラした状況の噺です。

年増の色っぽい奥さんを
友近さんが演じます。

 

まとめ

落語ザ・ムービー(the movie)
新しい試みとして大きな話題になっています。

定期的に放送されるようになることを
待望している人も多いんですよ。

落語を聞いてみたい方の
最初のステップにおすすめです。

落語に関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!