海外の都市伝説!ヒトラーは生きている?解明されていない謎の死因

この記事は2分で読めます

怖い話から面白い話まで、
様々なものがある都市伝説。

日本のものは知られているものも
多くありますが、海外の
都市伝説はいかがでしょうか?

あまり耳にしたことがないかもしれませんね。

今回は、海外で囁かれている
都市伝説のなかから、あの
「ヒトラー」の生存説をご紹介します。

よろしければ、これまでにまとめた
海外の都市伝説に関する
記事もよろしくお願いします。

Sponsored Link

アドルフ・ヒトラー生存説

かつてドイツをその独裁指導体制で
支配していた、アドルフ・ヒトラー

今でも独裁者の典型とされている彼は、
第二次世界大戦末期に、長年の恋人である
エヴァ・ブラウンと結婚式を挙げ、

その数日後の夜、妻となった
彼女とともに自殺したとされています。

しかし実は、

この自殺には不明な点が多々あり、
ヒトラーが本当に死んだのかどうかは
はっきりとしていないとも言われているのです。

 

ヒトラーの自殺と不明点

ヒトラーは妻とともに、毒薬を飲んだ上で
頭をピストルで打ち抜く
という方法で自殺を図りました。

そして、

同時期に殺害されたムッソリーニが
死体を逆さ吊りで晒されたのを知り、
自分の死体は燃やすようにと
強く命じていたとされています。

従者に発見された二人の遺体は、
命令通りガソリンをかけて
燃やしたとされていますが、

その話には食い違いやはっきりとしない
点が多く、まだ謎が残っているそうです。

事実、ソ連軍が発見したという
ヒトラーの遺体は本物か
どうかがよくわかっていません。

最初に発見されたのは、
口髭のある男と女の硝子体であり、
ヒトラーの命令通り焼却されたものかと思われました。

しかし後日、

ヒトラーと思われる燃やされていない
別の遺体も発見されています。

検分の結果、先に発見された焼死体の方が
ヒトラーの遺体であるとされていますが、

はっきりとした写真などは
公開されておらず、真偽は不明です。

他のナチス幹部の遺体写真は、
大々的に公表されているのに、

リーダーであるヒトラーの写真が
公開されていないことには、
違和感を感じずにはいられます。

Sponsored Link

 

はっきりとしない死因の謎

遺体を目撃した人々の証言には、
かなり食い違いがあり、

  • 銃痕の位置も左のこめかみ
  • 口の中
  • ひたい

など、はっきりとしていません。

後日ソ連で行われた検死解剖では、
ヒトラーの頭蓋骨には弾丸を
受けた痕跡が見受けられず、

そもそも死因はピストルですらなく
「服毒である」と断定されているそうです。

しばらく後の2000年、

モスクワに保存されているヒトラーの
ものとされている頭蓋骨が公開されましたが、

その頭蓋骨にはピストルで撃たれたような
穴がこめかみの部分に空いていて、
やはりピストルでの自殺かと言われました。

しかし2009年、

この頭蓋骨のDNA分析を行ったところ、
20~40歳代の女性のものであるとの結果が出たのです。

このように、ヒトラーの死因は今でも
はっきりとしないままで、
本当に死んだのかどうかすら
定かでないと考える人も多いのです。

 

 

まとめ

様々な要因で、ヒトラーの死は
未だ謎に包まれている状態です。

アメリカからも調査隊が送られたそうですが、
その調査でも、ヒトラーの死は確実な
証拠がないとの調査結果が出ています。

ヒトラー生存説は、都市伝説の中でも
かなり説得力のある部類であると
言えるのではないでしょうか。

【海外の都市伝説】

1:海外の都市伝説まとめ!ホラーの自殺ソングが怖すぎると話題!

2:海外の都市伝説!外国で有名なサンジェルマン伯爵の真相に迫る!

3:海外の都市伝説!メンインブラックはフリーメイソンと関係してる?

4:海外の都市伝説!ヒトラーは生きている?解明されていない謎の死因

5:海外の都市伝説!アメリカ大統領リンカーンとケネディの暗殺の謎!

 

都市伝説に関する記事一覧
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!